長寿の秘訣

投稿日:2014年4月23日 更新日:

高齢化社会が進み、3千数百万が高齢者の人口で、
1千5百数十万が未青年者らしい。
テレビやラジオ、新聞ではもっぱら高齢者向けの商品である健康食品の宣伝や、
運動するため健康器具、トレーニングジム、にヨガ、
それに旅行や味を楽しむ食ツアー、生命保険の紹介などなどだ。

もちろん運動とサプリメント、食事で健康を維持するのは結構なことだが、
夢想国師は長生きしたいなら「嘘つくな」という。

「人は長生きせんと思えば、嘘を言うべからず。
 嘘は心を使いて、少しのことにも心を労せり。
 人は心気だに労せざれば、命長きこと疑うべからず。」

長生きとは肉体が病気もしないで健康な状態を保つことだ。
健康とは「健体康心」の略だ。
「康心」からモノを考えると、「利、富、親、楽」が違って見える。

『無病第一の利
 知足第一の冨
 善友第一の親
 涅槃第一の楽』

このようになるが、

普通は「利」は健康よりお金、
「富」は幾らでもモノ(家も服も)、お金もほしい。
「親」は裕福で教養もあり社会的地位のある親、
「楽」は一生働かないで生活できること。
こんな風に漠然と考えるが、
自分の命が誰かの役に立ち、生き生き燃える喜びからみたら、
これは不幸への道だ。

自分の命を燃やし、心を磨き高め、
生まれた時より少しでも成長し長生きして幸福になりたいなら、
無病、知足、善友、涅槃を実行できるようになることに違いない。

皆さんの長生きの秘訣、何を大事にされてますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-