今ここ自己

投稿日:2015年9月23日 更新日:

禅の教えでは「今ここ自己」の一念に生きることが妄想を離れ、
自己を離れ、執着から離れられると諭すのである。

「今ここ自己」になり、自己にこだわる事から離れようとすればするほど苦しくなり自分が出てくる。
なかなか、体得できない。

イメージとしては水の中に角砂糖(自己)を入れた状態で、
今に集中すれば水と砂糖が一体となり自己が消える。
言い換えると自己が開放されるのである。
自分に執着し、こだわった姿が角砂糖であり、
溶けて水と一体になった状態が「今ここ自己」と開放された自己である。

角砂糖の状態のとらわれた自分と水と一体化した解放された自分の違いは心の置き所である。

1.過去←(後悔)自己(不安) →未来(とらわれてる自分自己中)現実が苦しい、絶望、悲観、消極
2.過去→(反省)自己(志、夢)←未来(解放されてる自分他己中)現実を楽しむ、希望、楽観、積極

普通には凡人のわれわれは一番の心の置き方を無意識にするのである。
なぜなら、自分を中心に外を観察し、危険を避け自分を守る本能があるからだ。
しかし、このように本能に従って考え行動すると現実が苦しく、
未来に不安が起こり行動することができなくなるのである。

では、心の置き方をどうするべきかと言うことになる。
1番と2番の矢印を見てください。
全く逆になってることがお解かりでしょう。

ここに答えがあります。
実は生まれたままの本能を主人にするのでなく、
未来から自分を見つめ大きな志を持ち、世の中に役立つことをする。
過去の自分を振り返るときは後悔でなく、反省に変わるのである。

新しい志や夢を持った自分を作り、
蛇のように脱皮を繰り返し、
「志」を実現する変化していく自分が開放的な自由で自在な自己なのである。

しかし、「志」はまだ実現していない観念でしかなく、単なる「思い」に過ぎず、
困難や苦しいことに直面するとすぐ捨ててしまう弱いものだ。

「今ここ自己」一心に念じ「意志」を強く持たないと現実化できないものでもある。
まだ眼に見えない「志」と言う思いは、
よほど強固な(意識+志)=意志を持たないと折れてしまうものである。

先人が自己とは何かと求め、
また、苦しみから開放され、
現実の世を極楽の世界にするために研鑽し、
「今ここ自己」の深い意味は過去からの自己であり、
未来の自己であるという因果の法則を教えているのである。

皆さんはどんな輝かしい未来を夢み、志をたてていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/18

「コロナショック」バブル崩壊がやってくる

金融市場は日本の株価がダウ平均3万となり、ニューヨークの株価もダウ平均3万ドルを超えている。実体経済はコロナで成長どころ ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/17

「井原西鶴」に学ぶ

生國魂神社は大阪の上本町にある。縁あって「結の玉」を奉納させていただいた。ホームページを見ていただければ写真が載っている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/17

「無用の用」に思う

マスコミはコロナウイルスが早く終息して緊急事態宣言が解け、平凡な日常生活が戻ることを声高にまくしたてている。政府を攻撃し ...

-生き方
-