勤・倹・譲(二宮尊徳)

投稿日:2015年9月3日 更新日:

夜話俗43に、『わが道は勤倹譲の三つにあり。
勤とは衣食住になるべき物品を産出するにあり。
倹とは生み出したる物品を費やさざるを云う。
譲とはこの三つを他に及ぼすを云う。
さて譲は種々あり。
今年のものを来年のために貯えうるも則ち譲なり。
其れより子孫に譲ると、親戚朋友に譲ると、郷里に譲ると、
国家に譲るなり。其の身その身の分限に依って勤め行うべし。』

尊徳さんは衣食住のためにモノを生産しろというのである。
今で言えば一生懸命働けということだ、
生きていくために勤勉にこつこつ働くことだ。
次に働いて得た生産物を倹約しろというのである。
今で言えば給与をもらってみんな使っていたらダメであるから
倹約することに努力しろというのだ。

当たり前だ。
ではいくらぐらい消費にまわせばいいのか?
「分度」と言って説明してる。

『それ分限をまもらざれば、千万石といえども不足なり。
一度過分の誤りを悟りて分度を守らば、余裕自ずから有りて、
人を救うに余りあらん。
百石のものは五十石に屈んで、五十石の余裕を譲り。
千石のものは五百石に屈んで、五百石の余裕を譲る。これを中庸というべし。』

分度とは生産したものの半分で自分の消費(衣食住)にあて半分を推譲と言って、
来年のために蓄えたり、親族、地域のため、国家のために譲ると経済は生成発展し
循環するというのである。

当たり前のコンコンチキの論理である。

実際にこのような生活態度ができるかどうか問われる。
ここで重要なのは一生懸命働き生産することはできるが、
分度により半分で衣食住をまかなう倹約ができるかである。

仮に倹約はできても、子孫や親族、地域、国家に推譲できるかである。

尊徳さんは『奪うに益なく、譲るに益あり
譲るに益あり、奪うに益なし』
人間が他人のために尽くすことに努めず、
自分のために取ることのみを努めるのは人間の道でなく、
禽獣の道であり、奪うことの結果は必ずうまく行かないと断言してる。

古今東西、幸福を実現し、発展成長するには近道はなく,
こつこつマラソンのように歩むしかないようだ。

皆さんは尊徳さんの教え実行され成果を出されてますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-