行動を変える動機づけ

投稿日:2012年4月6日 更新日:

先日テレビを見ていますと105歳〔文学と医学博士)の人物が元気溌剌と映っていた。
驚いたことにある会合のリーダーをやっていて二年後に会を主催するというのだ。

107歳になるのはまちがいない。
その人の座右の銘は『人生とは自分との戦い』と筆で書かれた。
これにも驚いた。

鉄尾猛司さんという猛烈サラリーマンがいました。
トップセールスとして年収2,000万稼ぐ人物でした。
ある日、突然そのすべてをなげうって、一から出直し勉強しだしたのだ。
理由は簡単だ。営業とはお客さんの機嫌取りだと思っていたらしく、
下手に出て男芸者をすることが嫌になったそうだ。

そこで月曜から金曜までは朝3時におき専門書を読みあさり猛勉強し、
5時には仕事をやめる、接待もしないで誰にも負けない努力をされた。
もちろん好きな酒も月から金曜日は飲まない。
〔土日はハチャメチャに遊び、こんなことしてたら堕落するとがんばるそうだ〕
こんなことで人間関係ができなく、仕事にならないとおもうが逆だ。
見事、コンサル業で成功なさった。

彼は『天才とは一瞬のひらめきやきらめきではなく、
   情熱を努力を継続する力である。
   明日死ぬと思って生き、永遠に生きると思って学ぼう。』

彼は行動を変える動機付けが一番大事で覚悟し決心することだという。

彼は2,000万の収入をほかして「男芸者の自分になりたくない」と強く思ったそうだ。
自分を変えるため2,000万の収入を捨てる覚悟があった。
やめたら後戻りできない退路を絶つ決意だ。

これは自分に対する「愛の鞭」だ。
人に何かを布施するときも同じだ。
マザーテレサは言う『余ってるからとか、捨てようと思ってるものを人にあげることは、
          本当の意味で愛ではありません。愛には犠牲が伴う、
          心に痛みを覚えるほどの施しこそ本当の愛である』

みなさん自分を絶体絶命に追いつめて、なお志に立ち向かえますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-