風流に学ぶ

投稿日:2014年10月5日 更新日:

福島の三春町にお住まいの玄有さんが風流について話されていたので書きとどめたい。

『不風流処也風流』こんな字の掛け軸を背に語られた。
風流ならざるところもまた風流

ここが東洋の全的なものの見方で大変共感する。
恩師小田切先生から『分別知』を捨てよ。とよくいわれた。

不風流と風流なら風流が良いに決まってる。
ところがそれは全体を捉えてないと『無分別知』を体得しろだ。
当時は若くて理解できなかったが、今、改めて先生の言葉を思い出しながら、
この句を読むと実にすがすがしく感じる。

禅語辞典には『徹底した殺風景が実にめでたい風景の現成である。
味気ないところが味わい深い』と書かれている。

実に素晴らしいものの見方である。
欧米は自我の確立を中心に考えるから、
アイデンティティーとかキャラクターといって自分を色付けし、
あらゆる物事を都合のいいこと悪いことを分別する見方をする。

1.自分にとって○×
2.外界は観察して使えるもの使えないものを分ける。
分別知だ。

でも、日本人はその分別を超えたところで、おもんばかる。
相手のことを察して、気遣って先手を打って行動する。
これが『おもてないしの心』だ。

『山家富貴銀千樹 漁夫風流玉一蓑』
(さんやふうきぎんせんじゅ、ぎょふふうりゅうぎょくいっさい)
意味は山暮らしを覚悟した樵(きこり)さんは大雪に覆われて富貴とめでる(知足)
漁夫は蓑一つかつぐこと覚悟して、志を揺るがさず、蓑は玉のようだと美称する。
魚一匹も連れなくても、

実に素晴らしい心境だ。
山にこもってこうなるのではだめだ、この欲の娑婆世界でこそ体得したい。

皆さんは風流如何におもいますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-