「躾け」意味について(森信三先生の言葉)

投稿日:

躾けは小学校入学以前が良いとおっしゃられるのは、
森信三先生だ。

三つのことが具体的にできるかである。
説経で子供は育たないというのが自論だ。
私も同感だ。

会社でもこの躾ができてる人は成長する。
「人間の生き方」で肝心なのは三つの原則だと断言される。

「前向き」「呼応」「自律」この三つができる人間になることだ。
具体的には以下の三つだ。

  1. 朝の挨拶をする子
  2. 「ハイ」とはっきり返事ができる子
  3. 席をたったら必ず椅子を入れ、履物を脱いだら必ずそろえる子

玩具なんかの片付けや整理整頓ができる子は学び方も上手くなる。
自立は、朝、自分で起きる子に育てる事だ。

母親はこのことをいつも口うるさく言ってたことを思い出す。
友達の家に泊まるときは「手土産」を持っていけ、夜寝た布団はたたんでおけ、靴は必ず出船のようにそろえて家に上がる。
食事の時は「頂きます」、終わったら「ご馳走さん」と言うことと、
出されたものは残さす全部食べる。
米が茶碗についていたら、お茶で洗って全部食べるといわれた。
友達の家から帰ってきたら、母親がいった上記の動作を必ずチェックされた。

子供の立場では行動に不自由さを感じ、
他人に気を使いすぎ嫌われたくないのだなと感じていたのも事実だ。

しかし、今考えると「前向き」「呼応」「自律」に対応した行動だったと解る。
一番大事なことは朝自分で起きることからだ。

皆さんはこの三大原則の具体性ご存知でしたか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-