米国の赤字一兆ドル

投稿日:2020年1月21日 更新日:

今朝の日経新聞には米国債が10年物利回りが1.8%であると書かれていて、
世界中が米国債を買っている。
もちろん日本の生命保険や銀行が1211億ドルと世界で一番多く伸ばして買っている。
米国債発行の残高は19兆ドル、GDPと同じだ。
これは第二次世界大戦の時と同じ額になる。
もちろん、世界中の国に借金してる構造は変わらない。
2020年の利払いは4600億ドルであり、5年後には7240億ドルと予想されていて、
国防費7060億ドルに超える額に匹敵する。

日本も約1000兆円の借金があり、利払いは25兆円だが、
この債権を日銀が4割持っていて、国民が持っている預貯金は1400兆あるので、
国債は日本国民からの借金であるという構造だから、ハイパーインフレの危機がないともいえる。
しかし、アメリカがおかしくなれば、1929年のブラックサーズデイのようなことになりかねない危機はある。
いま世界は米中の貿易問題、北朝鮮と米国問題、イランと米国と火種はたくさんある。

さて、先進国の成長率はアメリカが引っ張っているといっても2.3%だ。
日本は2%を目標に金融緩和をしてるがうまく機能していないのが現実だ。

少子高齢化の影響であらゆる卸小売業は市場の規模縮小しさらに人材不足が重なって、
新しい戦略構築が急がれる。
コンビニの全国の店舗数が初めて減少に転じ、このビジネスモデルも新しい取り組みを舵切る時が来た。
シンガポールでは無人のコンビニがジワリと出てきているようだ。

変化の時はチャンスだ。
今後どんな形の業態になり、消費者の要望に応えられるかという時代のダイナミズムが動き出している
政治と経済が表裏一体であることは間違いないが、
グローバル化によって、この国の形、あるべき社会の姿が見えないも事実だ。
エコノミックアニマルと言われ経済成長を遂げ、ヨーロッパの福祉社会を目指したが、
年金や医療の負担が大きくなり、財政負担が大きくのしかかってきた。
今後は税負担増や個人年金の削減という現実が待っているのも事実だ。
米国の赤字が日本の経済・財政と無関係でないことは確かだ。

皆さんはどんな社会を望まれますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-