「 月別アーカイブ:2019年06月 」 一覧

no image

ど真剣に生きる

2019/6/29    

人間の遺伝子は利己心です。 だから、ついつい謙虚さを忘れたり、傲慢になったり、よこしまな考えが湧いてくる。 自分にとって ...

no image

「タイムロッキングボックス」という新製品に思う

2019/6/29    

現実を作っていく主体的な自分は自分を信じて命がけで行動する。 褒められたいとか、嫌われることにも動じない絶対的な価値とい ...

no image

「心を磨く」利他行に徹する。

2019/6/27    

目には見えない心を庭に喩えたのはイギリスの思想家ジェームス・アレンです。 これをいつも引用されるのは京セラの稲盛和夫さん ...

no image

「学ぶ」を遊ぶ

2019/6/25    

学問には四つの段階がある。 若き時にこのことを知って、安岡正篤先生に学び、 私淑された伊與田覚先生だった。 論語の講義を ...

no image

「和」の風を吹かせるのがリーダー

2019/6/20    

仕事にしろ、人生にしろ人間関係を上手く結ぶ事が、 大きく結果が違ってくることは言うまでもない。 ところが、その基本的な関 ...

no image

弁論大会の思い出、「理想と現実」

2019/6/15    

高校二年生の時に「弁論大会」があって、 自分に負けて怠けてる自分に気合を入れるために出場した。 「青年よ大志を抱け」とい ...

no image

看却下

2019/6/15    

禅の言葉で「足元を看る」ことを意味する。 夜道を歩いていたら、提灯の火が消え真っ暗になった。 そこで禅問答が始まり、で師 ...