学問は何のためにする

投稿日:

「言志四緑」の言志晩禄」に君子と小人の違いについて書いてあるので紹介する。
「人は苦楽なきを能わず。
 ただ君にの心は苦楽に安んじて、苦あれども苦を知らず。
 小人の心は苦楽にわずらわされて、楽あれど楽を知らず。」

意味=人は誰でも苦楽はないということはありません。ただ君子は苦楽をっそのまま受け入れ、 苦の中にあり苦しむことはない。小人は苦楽にわずらわされて、楽あっても楽を味わうことができない。

安岡先生の「六中観」には「苦中楽あり」と教えています。
凡人の我々は苦しみは苦しみとして、悲しみは悲しみとして感じ、一喜一憂するのが仏いうです。
現実に起こったことは消し去るわけにはいきません。どう対応するかには三つあります。
一つはその場を逃げる。(自分の人生を背負ってない臆病者だ)
一つは目をそらしてなかったことにする(現実をごまかして生きる。何の解決もしない。)
一つはその現実に飛び込んでいき、喜びや楽しみを見出す努力をすることだ。(前向きに生きる)

荀子は学問の目的を次のように言ってる。

「夫れ学は通の為に非ざるなり。
 窮して困(くるし)まず、憂えて意(こころ)衰えざるが為なり。
 禍福終始を知って惑わざるが為なり」

意味=学問は立身しゅせのためにするものではない。どんなに窮することがあっても苦しまない。
どんな心配事があっても意欲を失わない。
そして物事というものは何が禍で何が幸いであるのか。どう行えばどう終わり、どう終わればどう始まるのか。こうしたことがよく分かっていれば惑うことなく対応していくことができる。
これが学問の基本的なことだ。
「論語」の憲問遍には、
「古(いにしえ)の学者は己のためにし、今の学者は人のためにす。」 
意味―昔の学者は自分の修養のためにしたが、今の学者は人に知られんがために学問をしている。
言い換えると自分を創るというのが学問の基本だ。
中国では学と芸を別にして、芸には六芸といって、礼(礼節)・楽(音楽)・射弓術)・書(文学)・御(馬車)・数(数学)
技術論として学ぶのである。明治以降日本は「学」が少なく知識と技術のみになってしまっていった。

自分を創るには学芸一如で学ぶことであろう。

皆さんは学と芸についていかが学ばれていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-