「坐禅をして仏になる?」

投稿日:

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨きだした。
馬祖は変に思い「何をなさっているのですか?」と訊きました。
「うん、瓦を磨いている」「瓦を磨いてどうするのですか?」「鏡にしようと思う」
これを聞いて馬祖は「瓦をいかに磨いても鏡にはならないでしょう」と言った。
すると、南嶽は「お前はここで何をしている」と訊いた。「坐禅をして仏になろうと思っています」
南嶽は「瓦を磨いても鏡にならないように、坐禅をしても仏にはなれまい」と言った。

驚いた馬祖は「それでは一体どうしたらいいのでしょうか」と問いました。
南嶽は「もし牛車が動かなくなったら車を叩くか、牛を叩くか」というものでした。
この言葉で馬祖は南嶽のもとで修行することを決めたのである。

これの意味するところは「坐禅」は方法論であって、馬祖は坐禅を作業としてルーティーン化していたのを見抜いたんもである。
最も大事なことは本来持っている鏡を磨いて、さらにきれいにする、そのきれいな心で自分の仏心を自覚する。
ここがポイントなので外の瓦を磨く作業をしているものではないのである。自分の内にある仏心を磨くのだといいたいのですね。

同時に大事なことはただ漠然と坐禅をしているのでなく、「やる気」を引き出し真剣に取り組むことが大事だと教えている。

無門禅師は「平成の気力を尽くしてこの心を極めよ」と言っています。
土俵の真ん中ですもうとるように、ど真剣に取り組むからこそ見えてくるのだと諭している。
「ただ座っていても何にもならないよ」と南嶽さんの声が聞こえてきそうだ。

皆さんは坐禅していれば仏になると思われますか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-