「坐禅をして仏になる?」

投稿日:

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨きだした。
馬祖は変に思い「何をなさっているのですか?」と訊きました。
「うん、瓦を磨いている」「瓦を磨いてどうするのですか?」「鏡にしようと思う」
これを聞いて馬祖は「瓦をいかに磨いても鏡にはならないでしょう」と言った。
すると、南嶽は「お前はここで何をしている」と訊いた。「坐禅をして仏になろうと思っています」
南嶽は「瓦を磨いても鏡にならないように、坐禅をしても仏にはなれまい」と言った。

驚いた馬祖は「それでは一体どうしたらいいのでしょうか」と問いました。
南嶽は「もし牛車が動かなくなったら車を叩くか、牛を叩くか」というものでした。
この言葉で馬祖は南嶽のもとで修行することを決めたのである。

これの意味するところは「坐禅」は方法論であって、馬祖は坐禅を作業としてルーティーン化していたのを見抜いたんもである。
最も大事なことは本来持っている鏡を磨いて、さらにきれいにする、そのきれいな心で自分の仏心を自覚する。
ここがポイントなので外の瓦を磨く作業をしているものではないのである。自分の内にある仏心を磨くのだといいたいのですね。

同時に大事なことはただ漠然と坐禅をしているのでなく、「やる気」を引き出し真剣に取り組むことが大事だと教えている。

無門禅師は「平成の気力を尽くしてこの心を極めよ」と言っています。
土俵の真ん中ですもうとるように、ど真剣に取り組むからこそ見えてくるのだと諭している。
「ただ座っていても何にもならないよ」と南嶽さんの声が聞こえてきそうだ。

皆さんは坐禅していれば仏になると思われますか?

大阪石材社長ブログ

2021/02/28

「人間マネージメントのコツ」

何百人という部下をやめさせてしまった自分の理由に、部下が悪いと部下のせいにして、自分は間違ってない、唯、厳しく育てている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/18

「コロナショック」バブル崩壊がやってくる

金融市場は日本の株価がダウ平均3万となり、ニューヨークの株価もダウ平均3万ドルを超えている。実体経済はコロナで成長どころ ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/17

「井原西鶴」に学ぶ

生國魂神社は大阪の上本町にある。縁あって「結の玉」を奉納させていただいた。ホームページを見ていただければ写真が載っている ...

-生き方
-