努力について

投稿日:

努力について
道元禅師が如浄禅師にあわれ、「なぜ修行が必要ですか?」と質問されて、
如浄禅師は「衆生は三日坊主で続かない」こう答えられ、
「なるほど」と気づかれた。

そう、努力することは人間が人間になる方法なんだ。
動物のままでいい、本能のままでいいなら、努力は要らない。
また努力は続けるところに価値を産む性質がある。
だから、あせらなくても良い、毎日少しづつ習慣にすることだ。

歯磨きと同じで習慣化すると苦痛はなくなる。
当たり前になるからだ。

ところが二十歳代の若いころはとにかく結果が早くほしいから、
三日坊主になってしまう。

十日、二十日と辛抱強くコツコツ行動してると、
いらいらしてこんな事していて結果でるのかと迷い出したり、
他に方法があり間違ってないかと自信がなくなったりする。

その行動が利他心で他人のためになる計画ならば必ず成果はでる。
自分の利己心のための行動していたら、妨害がはいるかもしれない。

世の中は向こう三軒両隣の人で出来てるからだ。
道元禅師のように修行が習慣化されると仕事することも生きることも難しくないようになる。

だから悩みがなくなったわけではないが、
だんだん解決する智慧の出方や判断が早くなるから長く生きることは楽しい。
決して出家を勧めてるのではありませんし、仙人になる意志もありません。
ただ、自分にふりかかる問題を解決し、幸福創造、三方良しを実現したいからだ。

道元禅師は「修証一等」とおっしゃられてるように、
「修」も「証」も同じなんだと教授される。

一日修行したら、さらに一日積み重ねスタートすればいいだけだ。
一年先まで心配御無用、一日が出来たら、きっと未来も出来ること間違いなしだ。
もし万が一出来なかったら、また一日からやればいいだけだ。
努力することを大げさに考えすぎないことだ。
野に咲く花が一生懸命太陽に向かって伸びようとしてるのと同じことだ。

みなさんは、努力が習慣になってますよね!

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-