鳩山さんはご乱心か?

投稿日:

鳩山さんはご乱心か?
鳩山さんが首相になられ施政方針演説をされたのを記憶している。
彼は『新しい公共』と言う理想に向かって、
マハトマ・ガンジーの『七つの社会的大罪』を引用した。

『七つの社会的大罪』
1.「理念なき政治」=政治家は理念を基本にする
2.「労働なき富」=富は働いて得る(働かざるもの喰うべからず)
3.「良心なき快楽」=楽しんでもいいが他人を傷つけない
4.「人格なき教育」=教育が単なる知識だけでなく人間の徳も身につける
5.「道徳なき商業」=経済人は誠実に仕事し詐欺行為をしない
6.「人間性なき科学」=科学者は人間的範囲を超えて技術に溺れない
7.「犠牲なき宗教」=宗教は自己犠牲が伴わないのはダメである

鳩山さんは当時このようにおっしゃっていたのだが、
最近の言動を見てると意味がわからない。(奥深い考えがあるのだろうか?)

人間の遺伝子は自己保存、種の保存が自動的に働くように組み込まれている。
「利己心」だ。
ガンジーの言葉には具体的な行動の中に目には見えない他者を優先する「利他心」が
必要だと訴える。
この「利他心」は自分が気づいて自分で磨き上げなければならないという不自由さを持つ。

マザーテレサは、
『好き』というのは感情です。
『愛する』ためには決意と努力がいる。
『愛』の反対は『憎しみ』ではなく『無関心』だ。

生まれたままの自分を肯定するだけでなく、
後々つくりあげた人格が人間を社会の中で生きさせる重要な味(人間味)になる。
鳩山さんは考えがあっての行動か?ご乱心か?歴史が語るのは数年先だ。

みなさんは自分の人格どう創っていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-