「変わる、捨てる」といわれるが納得いかない。

投稿日:2017年9月12日 更新日:

世の中が変化し、動いてることは誰もが理解している。
仏教では、それにあわせて「自分を変化させる」あるいは「捨てろ」と表現する。

今の自分があるのに自分を捨てて、世の中の変化によって自分を変化させる。
現実的にどうすればできるか解らない。
「自我」を捨て、「無我」になれと諭されるが、自分がなくなると考えてしまってどうも納得いかない自分がいる。

仏教の中でも「自利利他」という言葉は私のお気に入りだ。
二宮尊徳流に解釈すると、「自利のない利他は偽者で見せかけの利他行だ。

また、利他のない自利は自己中のエゴイストで害になる」これは私流の解釈だが、「変化」しなくても「捨て」なくてもいいので納得がいく。

でも、人間は毎日新しい体験をする、明日は体験のない白紙のページだ。
無我夢中であれ、意図して考えた行動でも、体験を通じ学び成長する。
(いい意味も悪い意味も)

肉体的にはある段階から老化するのは事実だが、精神的には体験を通じ成長し続ける。

新しい体験の結果はいいことも悪いことも経験する。
何故なら人間は不完全にできてるからである。

時には、自分が生きてきた悪い過去を消したいと思う。
現実には過去は消せない。しかし、上書きする事ができる。

「無我」というのは不完全で利己的な「自我」に上書きすることである。
過去を消すことでなく、自分を変化させる事でも、捨てる事でもない。
今の自分を一歩でも何かを学び体験して成長させる事が「無我」になることだ。
今に集中し、過去を悔やまない、未来を恐れないことで新しい一歩を踏み出す事だ。

安岡正篤の言葉に、「一燈照隅 萬燈遍照」がある。
自分の命に燈をともし新しい未来へよりよく一歩づつ歩む事が、結果遍く萬燈を照らす事になるというのである。
昨日より良い成長する自分であり続けることが「自我」に上書きし「無我」となると確信する。

皆さんは「自我」に上書きされて自分に新しい燈をともされてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/16

「いい塩梅」の文化

梅を塩で漬けると梅酢ができる。食酢がない時代にはこれを使っていた。塩と梅酢の加減が丁度良いことを「いい塩梅」と言う。物事 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/14

「暑いな、元気が出るわ」中村天風の絶対積極言葉

このブログのタイトルの言葉は中村天風のものだ。絶対積極意識で明るく朗らかに陽気で生きるのが成功人生のコツだという。普通暑 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型コロナウイルスの変異株が早いスピードで感染拡大して、3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されて ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

-生き方
-