2014年仕事納めに思う。

投稿日:2014年12月27日 更新日:

今日は12月27日土曜日仕事納めの日だ。
やり残したことや、一年の反省すべきことを書き記していたら、
一冊の本が届いた。
『禅語を読む』西村恵信先生からだ。
菩提ダルマから西田幾多郎までの1500年伝えられた、
禅のエキスが詰った本だ。

80歳を迎えられ、意気盛んに著作に励まれる姿を浮かべると、
自分も発憤しなければと身が引き締まる思いがする。

西村先生は臨済宗だ。
江戸時代の臨済宗の中興の祖といえば白隠禅師だ。

本の中で、白隠さんの素晴らしいのは二つあると書かれてる。
一つは「古則話頭」といって修行僧の段階にあわせて、
正法眼蔵(三百則)を組織化し指導した。
一方、在家の人たちには「仮名法語」といって書画や仮名で解りやすく説いたのである。
衆生済度することを覚悟し、実行してこそ禅であり菩薩行だと言い切る。

白隠禅師の書画には「死」だとか「地獄」がよく書かれる。
禅の見性が得たければ「死」を探求すべしというのである。
「死」を見徹すれば大歓喜すると断言される。

「生きる屍(しかばね)」といって、
生きてるんだが死んでいるんだか解らない状態で、覇気もなく、
行動力もない様子の言葉である。
白隠禅師の「死」を見徹するのとは全く逆だの言葉だが、
自問自答せざるを得ない。

白隠禅師のようにきっぱりと覚悟はできてないが、
「死」とは執着を捨てたら自然と消え、「生きれる」と言う主人公になると諭すのである。
しかし、ついつい自分の価値観や好き嫌い、損得にこだわる自分が出てくるのが事実だ。
将に、「捨てれば仏」に違いない。

一年の仕事納めに具体的な清掃と自分の一年の仕事の整理だけでなく、
「心のあか」の大掃除になった。

皆さんは禅語を読まれた時、「心のあか」をどうおとされてますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-仕事
-