「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

投稿日:

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。
一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一党独裁で生産手段の国有化のイメージが強い国もある。

そこで、トーマス・フリードマンは「グリーン・ニューディール」グリーン革命、緑の経済成長とよんで、資本主義のさらなる成長路線を引いたのである。
これを国連やOECD(経済協力開発機構)が「SDGs」(持続可能な開発目標)と言って、2030年までに17の目標を達成すると宣言された。

リーマンショックで手痛い目にあったのは2008 年のことだが、今は世界中がコロナウイルスで、人の移動が制限され、交易ができずに成長どころかバックせざるを得ない。
イデオロギーで階級闘争をしている時代は終わって、新しい枠組みの時代が来なければ、地球のほうがパンクしてしまうぐらい気候変動が起こっている。

資本論の第2巻3巻は盟友のエンゲルスが編集したものだが、マルクスは晩年高度の発達した資本主義が社会主義、共産主義を経て人間の解放をすると信じていた。
しかし、晩年は資本主義の下での生産力の上昇は人類に解放をもたらすとは限らないと言っているのである。
それは現代の地球温暖化を予言したかのように、生命の根源的条件である自然の物質代謝が攪乱する。
社会の繁栄にとって不可欠な「自然の生命力」を資本主義は破壊する。
資本主義は自然科学を無償の自然力を絞り出すために使い、利用することが長期的視点では搾取的、浪費的であり「合理的」でない。

マルクスが求めていたのは無限の経済成長でなく、大地=地球(コモン)として持続可能に管理する事だった。
それは自由主義と共産主義のハイブリットな社会を創造していただろう。
持続可能な脱成長主義経済だと斎藤幸平氏の著書に書かれている。

奪い合い分かち合うのは二元論で対立させるのでなく、易経の一元論のように、
「太極」(陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる)で示されるように相補的な哲学観が新しい時代を創り上げるだろう。

皆さんはグリーン革命で成長していくと考えられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-仕事
-