人間を信じ、自分を信じるところに成長がある

投稿日:2015年1月27日 更新日:

夏目漱石の「草枕」の冒頭に、
「知に働けば角が立つ、情けに棹差せば流される.
意地を通せば窮屈だ。とかくにこの世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安いところに引っ越したくなる。
どこえ越してもすみにくいと悟った時、
詩が生まれ、画(え)ができる。」

「人の世を作ったのは神でもなければ鬼でもない。
やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。
ただの人が作った世が住みにくいからとて、
越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
人でなしの国は人の世よりも住みにくかろう。」

「越すことのならぬ世が住みにくければ、すみにくいところをどれほどか、
寛容(くつろげ)束の間の命を、束の間でもすみよくせねばならぬ。
ここに詩人という天職ができて・・・・・・」

要するに現実の良くも悪いことも受け入れて良くする努力をする以外に人生を楽しめないということだ。
さて、人間は生まれながらに善か悪かという議論があるが、

悪人なんか生まれながらいないのである。
漱石のように人間が人間を信じないで越す国はないのである。

性善説とは2500年ぐらい前の中国で孟子が唱えた説だ。
意味=人間の本性は善で先天的に持って、悪の行為は本性を汚し隠蔽することから起こる。
要するに自分にうそつかない努力することだ。

性悪説とは荀子という人が言った説である。
意味=人間の本性は利己的欲望と見て善の行為を後天的習慣によってのみ可能にすると解いた。
要するに善行を怠らず努力してやれということだ。

どちらも人間を善悪で区別するのではなく、
本質の性質を言ってるだけで、人間を信じるところから唱えられた説だ。

しかし、われわれ凡人は自分の価値判断で人間を善人と悪人に区別してしまっている。
区別して自分で迷いや悩みを作る結果になっているのが事実だ。

こんな言葉がある「「罪を憎んで人を憎まず」
人間を100%信じるところからしか、
平和は来ないし極楽の世の中も実現しないと察する。

皆さんは人間を100%信じますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-