自然界には直線はない

投稿日:2014年12月13日 更新日:

人間の親は『自然』だ。
だから自然の法則には従順でなければならない。
(たとえば、空気がなければ生きられない、では空気をきれいに保つと考えるのが自然)
東洋的な文化は自然と一体となり寄り添う文化だ。

一方西欧の文化は自然を克服し人間化してきたように感じる。
天に届くようなオベリスクであったり、
ニューヨークの直線の高層ビル群は人間の合理性が生んだ作品だ。

私たちはどちらも良しとして生活してるのが現実だ。

環境問題が叫ばれる昨今、人類は自然に寄り添うことへの努力へ舵を切るときが来ている。
『悟り世代』の若者は高級料亭の食事より定食でいい。
車がステイタスとして所有せず、必要な時リースで借りれば良い。
家もライフスタイルに合わせ所有するより借家で良い。

江戸時代の士農工商の身分に差があるときは、気遣いを余儀なくされた。
米を中心とした経済では飛躍的な消費や経済成長はない。
必然的に細やかな気遣いの『おもてなしの心』が、
料理にも接遇にも要求され洗練され作法になっていった。

世界中にラーメン(日本生まれの)や寿司だけでなく、
『和食』のダシのとり方や料理の盛り付けが注目され、
いまや日本料理研修体験の観光コースもある。

外国の観光客は京都の町屋の日本家屋を好み、
大阪ならお好み焼きを食べ、朝食は鮭の定食がお気に入りだ。

対義結合(オクシモロン)という表現がある。
『ありがた迷惑』
『健康のためなら死ねる』
『生きた化石』
『小さな巨人』
『加減』
『色即是空』
人間の理性は合理が正しいと考えるが、
まったく逆だ。
『矛盾』をそのまま表現するが、実に実感が伝わってくる。
外見と中味が一体になったようで腑に落ちて、
人によって幅があるだろうが、
現実を柔軟に受け入れられ、その場の空気を共感できる。

自然に抱かれている生きる人間にとって、
直線が多い世の中になってきたように感じる。

皆さんはいい加減に生活楽しんでますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-