安岡正篤先生に学ぶ

投稿日:2014年1月26日 更新日:

『布能包物
 身能包徳
 心能包天』

布よく物を包む
身よく徳を包む
心よく天を包む

安岡先生は上記のように語る。

小さいころからこんなことを考えて生きてきたわけではない。
だから眼に見えることは真似して行動もできる。
そうするほうが都合がいいからだ。
布は包むのに便利だから、だれでもそのように使っている。

ところが自分の身体をどう使うかよく考えたことは無いが、
好きなことは一生懸命に夢中になってやりたくなる。

いくら好きでも、眠くなったり、同じ姿勢が続いたり、
長い時間身体が拘束されることは避けたいと考える。
だからしんどいことはしたくない。

私のほしいものがもらえるなら、少しぐらいは辛抱するが、
死ぬまでやり続けたくないのが普通だ。

これ、誰に教えてもらった訳ではないが、自然とこう考えた。
しかし、安岡先生によると、身は利他行をして徳を積む行動をすると諭される。
私の自然に身についた考えとは逆だ。

さて、もうひとつわかりにくい「心」は何を包むものかと言うと、
私の損得では無いし、私の善悪という価値でもない。

「般若心経」は心の経だから、心について書いてある。
心は五蘊〔五つの情報器官〕から得た外界の情報で、
心という鏡に意識をつくり、法〔法則〕として記憶する。

そんな心は幻覚〔仮の姿〕と一緒で何にもないと『空』の理論を展開する。
しかし、安岡先生は『天』を心に包めというのだ。

さて、『天』とは何かと言うことになる。
「天」と言う漢字は「大」は人を表し「一」は人の上のほうの空の方向をさす。
「天」は東洋の世界観では陽気で「地」が陰気を象徴するとされた。
だから、大乗仏教で言う『空』と同じ意味で使われている。
抽象的でわかりにくいが、自然の法に寄り添うことだ。
人間は自然の中から生まれてることはまちがいない。

『空』については別の機会に書くことにする。

みなさんは自分の身と心どう育ててますか?

no image

2020/05/30

学ぶことが生きること

「習・破・離」こんな言葉を見つけた。習は今まで守と思っていたが、この習の方がしっくりくる。 何事も誰かに習わなければなら ...

no image

2020/05/30

「論語」に学ぶ孔子の生い立ちと人となり

生い立ちというのがかなり後々の人間形成に影響する。 論語の中で「我は生まれながらにしてこれを知るものにあらず」とあるよう ...

no image

2020/05/25

プリズンドックプロジェクト

アメリカの18歳から25才の殺人や殺人未遂の重犯罪者の再犯防止のプログラムだ。 再犯率は40%あり、更生者を増やすのが目 ...

no image

2020/05/19

一円に人は納まる

二宮金次郎(尊徳)は小田原藩の武士にまでなる人物になるのは、 薪を担いで本を読む石像が小学校にある。本は「大学」を読んで ...

no image

2020/05/18

「疫病」は人間の意識を変える力がある。

祇園祭と言えば夏の京都の三大祭りの一つであるが、これは869年インフルエンザが流行し、 それは御霊のせいだということで御 ...

-生き方
-