健康はあるものでなく創るもの「養生」について

投稿日:2016年2月10日 更新日:

貝原益軒の「養生訓」と言う本の名は耳にしたことがある。
「健康」と言わないで「養生」というのが気に入りだというのは作家の五木寛之さんだ。

健康と言うのは肉体的な筋トレや運動によって鍛えることの重点があるが、
養生は引き算で逆の発想だ。

薬も飲まない方が良い、針治療も、お灸もしないほうがいいというのが基本だ。
言い換えると医者にかからないで長寿になる方法と言うことだ。

「未病」といって病気でもないが健康でもない状態を治すことが基本だ。
では病気の原因は何かということになる。
二つある。
「内欲」=飲食欲、、性欲、睡眠欲、話欲(しゃべりまくりたい欲)
七情の欲(喜・恕・憂・思・悲・恐・驚
「外邪」=風・熱・湿・火・燥・寒(六気)

結論から言うと「内欲」は慎む、「外邪」は侵入を防ぐ予防策こそ養生なのだ。
言い換えると「心」の持ち方で誰でもできるのである。
老子曰く「人の命は我にあり、天にあらず」と言い切るのは養生しないと短命だというわけだ。

「元気」には「先天の気」と「後天の気」があり、
元をたどれば、万物生じる天地の「気」。
これが人体の根源だ。この気がないと人間が誕生しない。
誕生後は、飲食、衣服、住居といった外物(体外に存在するもの)に助けられ、
元気(後天の気)が養われる。

外物を過剰に取りすぎると内の元気まで害するので、軽めに抑えることが養生だ。
何よりは心を楽しく保つことが一番の養生であると結ぶ。

東洋的な養生は現代の流行するサプリメントや筋肉運動による強化でなく、
自分の身でありながら両親から授かった身で借り物として心身を整える自己コントロールを第一義とする。
将に養生によって命を大切に使わしてもらう学びであり、結果長久が与えられる。
今まで一体何をしてきたか、自問自答せざるを得ない。

皆さんは生命を養生されてますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-