自問自答

投稿日:2015年8月4日 更新日:

8月1日に大腿骨骨折でリハビリをしている営業課長が、
皆さんに迷惑かけたので挨拶に来たと出社した。(現在もリハビリ中)

その時に、人生で初めての自己嫌悪が襲ってきて二週間は辛かったが、
心身共に傷つくことで見えてくることがはっきり解ったと語りだした。

「自問自答」せよ、と部下によく言っていた。
自分の自問自答は自己正当化して「自分は善をしてる」と独善化した利己心だった。
こう反省の弁を語りだした。

「自問自答の四つのパターン」(要約すると)

自分の中に自問自答する相手が四人いると話す。
1.自分と自分(自分より価値観が低い自分で、努力しない常に新しいものに挑戦しない自分)
自己正当化し独善的になる傲慢なおもいあがった自己形成になる。

2.自分と自分(自分より価値観の高い理想を持ち、現状をいつも自己否定する自分)
理想に自分が押しつぶされ、周りにも理想を押し付け現状に常に不平不満を持ち自虐的になる。
『うつ病』や『統合失調症』になる。

3.自分と他人(自分の中に価値観の違う他人と自問自答し、いつも他人を優先し迎合する寄生虫的な自分)
自分の価値観を成長させようとせず、自分の損得好き嫌いの基準で選択して、
都合のいい他人(親のような人かな)不自立な未熟な子供の精神だ。)

4.自分と他人(自分の中に公明正大という宇宙の価値、天の価値の他人を住ませ、
自分のちっぽけな人間的価値で判断した利己心でなく、
天の価値(本心、良心)で判断し利他心的な判断を優先する他人)

なかなか鋭い分析だ。
ところで「これを頭でわかっていて行動できないと本物でない」と問い返すと、
「必ず実践してみせます」と頼もしい答えが返ってきた。

人間は『自分』『自分』と生きるのが本能であるが、
尼僧の青山俊薫さんの本に『手放せば仏』という言葉がある。

本能はいつも手を握り締めグーにしてる(自分を一番に)のが普通ではあるが、
天から与えられた命を使わしてもらってると『天』を一番にすれば素直になれるのは間違いない。
骨まで折って痛く辛い目にあって気づくのも人間の性である。

論語に『小人閑居すれば不善をなす』という言葉があるように、
誰も見ていない一人のときにこそ、他人事と思わず自分の中の他人。
「本心・良心」と自問自答することを実行し、自然に振舞える作法にまで高めたい。

皆さんは自問自答の相手、自分ですか?他人ですか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-