自他一如

投稿日:2012年10月6日 更新日:

「花無心招蝶
 蝶無心尋花
 花開時蝶来
 蝶来時花開
 吾亦不知人
 人亦不知吾
 不知従帝則」

     良寛

「花は無心にして蝶を招き 蝶は無心にして花を尋ぬ、花開く時、蝶来たり 蝶来る時花開く
 吾も亦人を知らず 人も亦吾を知らず、知らずとも帝則に従う」

花も意図的に蝶を招いたのでなく、蝶も花を尋ねようという心が働いたわけでもない、
要するに損得勘定が働いたわけではない「無心」である。
私は他人を知らない、他人も私を知らない、知らなくとも自然の大道にしたがって生きていく。
このように無心に生きられればこれほど楽しいことはないということだ。
この花と蝶、吾と他人と区別するのは本来の姿でない、利己はそのまま利他で利他はそのまま利己だ。

帝則=自然の大道・法則・原理原則

自他にこだわらない生き方とは、奪い取ったり、掴み取る手を与えよう、
捧げようと言う手に変えて行こうと心がけ、行動する事で、
そうすることが自他一如で生きれる良寛さんの言う「無心」だ。

ところが最近はプライドだ、プライバシーの権利、
プライベートな問題と自己主張するけれど、
良寛さんの言うように自分が生きるためには他が必要で、
他は一つや二つではない、人だけでなく万物の存在に支えられて自己が成り立つ。

損得、好き嫌い、醜美を区別する自分を二番にし、
「無心」に生きられれば、実に楽しく開放的なる。
道元禅師は良寛さんの「無心」を「同時」と言い、自他一如を解す。

みなさんは自他一如意識してますか?

no image

2021/01/13

「幽霊」の話とコロナウイルスのメッセージ

なぜ冬には幽霊の話が出ないのかと考えると、冬より夏の暑い時に恐怖と不安で身体が凍り付くような感じを味わうためだ。「ひやー ...

no image

2021/01/12

「中道主義」を貫き至誠を

心は外からの刺激に動くし、内からの決めつけにも動くのである。コロナウイルスという天災(人災という人もいる)が世界中を覆っ ...

no image

2021/01/09

「物のモノサシ、心のモノサシ」を教えるコロナウイルス

コロナウイルスが教えているのは一体何かを問えば、私たち一人一人の心のモノサシではないかと感じている。 モノを計ったりする ...

no image

2021/01/08

「習慣は第二の天性」安岡正篤に学ぶ

人間には四つの要素がある。徳性と知能(情報)、技能及び習慣である。徳性が本質で、知能や技能はいくら有用・有意義でも属性的 ...

no image

2021/01/06

「道元の覚悟」に思う

道元は実に面白い。 なぜ人間には仏があるというのに修行するのかが大疑問で、自分の師匠が病気にもかかわらず、比叡山を飛び出 ...

-生き方
-