修身を思う

投稿日:2015年4月28日 更新日:

孔子が「論語」に描く名宰相は500年前の周の文王、武王、それに舜や禹王が書かれてる。
「呂氏春秋」の中にでてくるのは周より古い殷の国を開いた湯王の話だ。

湯王が伊尹(いいん)に問うた。
「天下を取ろうと思うがどうすればいいか?」
伊尹答えて「天下を取ろうとなどという欲望に走ったら、決して天下は取れない。
それどころか自分の身が先にとられてしまう。
昔から聖王と言われる人は、まず自分の身を創り上げてから天下を得た。」

将に修身を第一番にすることと解くのである。

「修身の七段階」薄衣(うすぎ)佐吉さんの心理学的心の発展段階

1.自己中心的な心、赤ちゃんがそれ、自分の欲求だけで生きてる。
2.自立準備性の心、幼稚園児の心、用事を手伝ったりする。
3.自立力の段階、成人を迎え自立する。
4.開拓力の時代、困難に立ち向かい、開発改善していく力を持つ、(30歳から40歳ぐらい)
5.指導力、(40才から50才)部下育成
6.包容力(好き嫌いを超えて人を包容する)
7.感化力、その人がいることでおのずと感化を与える。

それで、このように発展するパーセンテージを薄衣氏は、
身体的年齢は増えるが、心の発展は比例しないと言い切る。
おおよそ、年をとっても二段階が75%、
三段階まで行く人が15%
四段階以上は10%だという。


自分の人生を振り返って修身を心がけてきたとはいえない。
やはり目先の欲望の実現に右往左往しながら我武者羅に行動し、
周りに迷惑を振り巻いてきたのが事実だ。
この物差しで自分の修身への態度を計ると恥ずかしい限りだ。

しかし、古典を学ぶことの喜びは感じるようになった。

皆さんは修身が先ですか天下が先ですか?

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

no image

2020/10/17

「六祖慧能の話」

達磨から数えて六代目が慧能大観だ。 広東省に生まれた慧能は母一人子一人で、薪を売ってつましい暮らしをしていた。 ある時に ...

no image

2020/10/10

「不老不死」を求めるのは生の現実肯定

中国の道教は仙人思想で「不老不死」を求めた。 生を長く保ち続けるために不老長寿の薬を求めたと歴史に書かれている。 キリス ...

-生き方
-