修身を思う

投稿日:2015年4月28日 更新日:

孔子が「論語」に描く名宰相は500年前の周の文王、武王、それに舜や禹王が書かれてる。
「呂氏春秋」の中にでてくるのは周より古い殷の国を開いた湯王の話だ。

湯王が伊尹(いいん)に問うた。
「天下を取ろうと思うがどうすればいいか?」
伊尹答えて「天下を取ろうとなどという欲望に走ったら、決して天下は取れない。
それどころか自分の身が先にとられてしまう。
昔から聖王と言われる人は、まず自分の身を創り上げてから天下を得た。」

将に修身を第一番にすることと解くのである。

「修身の七段階」薄衣(うすぎ)佐吉さんの心理学的心の発展段階

1.自己中心的な心、赤ちゃんがそれ、自分の欲求だけで生きてる。
2.自立準備性の心、幼稚園児の心、用事を手伝ったりする。
3.自立力の段階、成人を迎え自立する。
4.開拓力の時代、困難に立ち向かい、開発改善していく力を持つ、(30歳から40歳ぐらい)
5.指導力、(40才から50才)部下育成
6.包容力(好き嫌いを超えて人を包容する)
7.感化力、その人がいることでおのずと感化を与える。

それで、このように発展するパーセンテージを薄衣氏は、
身体的年齢は増えるが、心の発展は比例しないと言い切る。
おおよそ、年をとっても二段階が75%、
三段階まで行く人が15%
四段階以上は10%だという。


自分の人生を振り返って修身を心がけてきたとはいえない。
やはり目先の欲望の実現に右往左往しながら我武者羅に行動し、
周りに迷惑を振り巻いてきたのが事実だ。
この物差しで自分の修身への態度を計ると恥ずかしい限りだ。

しかし、古典を学ぶことの喜びは感じるようになった。

皆さんは修身が先ですか天下が先ですか?

大阪石材社長ブログ

2021/01/27

「青淵論叢(せいえんろんそう)」渋沢栄一に学ぶ

この本は渋沢栄一の三十一篇の講演・講義が年代順にまとめられたものだ。ビジネスをする者にとって利潤というものをどう見るかを ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/24

「森信三の言葉」に学ぶ

数年前になりますが、森信三さんの言葉をまとめられた寺田一清さんに佐藤一斎の「言志四録」をご講義いただきました。そこで、現 ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/20

「病は不自信の処にあり」

「病は不自信の処にあり」と語るのは臨済禅師だ。「自信」というのを「信念」「使命」と置き換えてもいい。あるいは利他心の目覚 ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/13

「幽霊」の話とコロナウイルスのメッセージ

なぜ冬には幽霊の話が出ないのかと考えると、冬より夏の暑い時に恐怖と不安で身体が凍り付くような感じを味わうためだ。「ひやー ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/12

「中道主義」を貫き至誠を

心は外からの刺激に動くし、内からの決めつけにも動くのである。コロナウイルスという天災(人災という人もいる)が世界中を覆っ ...

-生き方
-