居酒屋は第三の空間、それとも0の空間(無)

投稿日:2015年3月25日 更新日:

外人から見た居酒屋の実態を昨晩テレビで放映されていた。
専門家と称する学者は、人間の三つの空間と題して解説していた。

1.第一空間・家庭・・・・・・親の説教、子供の教育の場で息苦しい面がある
2.第二空間・職場・・・・・・取引先、上下関係、部下育成と複雑な人間関係のストレスがある
3.第三空間・居酒屋、(趣味の世界など)・・・・・・愚痴はいて、大声出して発散する。
(趣味に没頭して日常を忘却する)
さて、趣味と仕事の違いははっきりしてる。
いつでもやめれるのが趣味、生きるために続けなければならないのが仕事。

欧米人はお酒を飲むのには友人と行くそうだ。
決して職場の同僚とは行かないのである。
まして、お酒の席とはいえ、冗談でも上の愚痴を言ったら大変なことになり、クビだ。

ところが、日本人は宴席では冗談交えて上司の愚痴も言うのである。
それを受け止め流す人物こそ、上司にふさわしい器量の大きな人だと尊敬されるのだ。
もちろん、愚痴ばかりでなく、仕事熱心な日本人は仕事の話をする。
今開発中の製品だったり、新しい取り組み方法の議論だったり、
衆智を集めるブレーンストーミングが始まるのだ。
この世界は第三の空間とはっきりいえない。
家庭も職場も両方の話題がはいった、自分をニュートラルにする0空間であり、
無我の自分、無意識の自分と出会う環境のように感じるのは私だけだろうか?

とにかく、飲ミュニケーションは人間関係やアイデアの潤滑油であることは確かだ。
飲みすぎて副作用も出るから酒に飲まれないようなぐらいがちょうどいい。
ついつい飲みすぎ失態をするのも酒ならではである。反省!

皆さんは居酒屋どう使ってますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-