三毒の主人になる

投稿日:2015年3月24日 更新日:

幸福になる一番近道はないかと若いときは捜し求めた。
方法の一つは具体的な目標とする人物のマネをする。
次には幸福な人の共通の「考え方方程式」を意識する。(その前に方程式を見抜く)
いろいろ試してみる。

ところが一向に幸福になれない。
幸福になることを目指してるのに、いつも現実の自分に満足しない。
あるとき、外をいくら探しても答えがないことに気づいた。

要するに自分の心に原因がある。
自分の心の主人になれていないのである。
それを阻害するのは利己心である三毒だ。

仏教では人間は基本的に三毒(貪欲、怒り憎しみ、不平不満の愚痴)を持ってる。
之を鎮め抑えることで、自分の主人となり幸福になると教える。
なんだ、精神論じゃないか。
「精神では生活できないよ!」と考えるのは当然だ。
しかし、単なる精神論ではない。

自分を抑えるだけなら一時的にできる、我慢だ。
「我慢」は利己心発想だから、自分の中に三毒をためることになる。
いつか爆発して周りを苦しめるか?
自暴自棄になって自分を破壊するかになる。
仏教はもう少しレベルが高い「忍辱」(にんにく)という利他心発想で、
世のため人のために三毒を自分の中でスイッチを切り替え行動すると良いと諭す。

唯識教学を中心の法相宗、薬師寺故高田好胤の説法で「転依」(てんね)の解説をたびたび聞いた。

「水を飲んで蛇は毒にする。牛は乳にする」

三毒の主人になると毒がそのまま言葉や行動となり、周りを苦しめる利己心で自己中の自分でなく、自分の意志でスイッチを切り替えて、三毒の主人となって利他行をすると幸福になる。
足ることを知る「知足」をよく話された。

仏教は「智慧」と「慈悲」(利他行)の教えだといわれるのはこんな意味だ。
凡人の私はなかなかできないで苦しんでいるが、
少しでも利他行を増し、三毒の主人になって、日々の行動を反省する次第だ。

皆さんは三毒を「転依」としてスイッチ切り替えられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/02/28

「人間マネージメントのコツ」

何百人という部下をやめさせてしまった自分の理由に、部下が悪いと部下のせいにして、自分は間違ってない、唯、厳しく育てている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/18

「コロナショック」バブル崩壊がやってくる

金融市場は日本の株価がダウ平均3万となり、ニューヨークの株価もダウ平均3万ドルを超えている。実体経済はコロナで成長どころ ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/17

「井原西鶴」に学ぶ

生國魂神社は大阪の上本町にある。縁あって「結の玉」を奉納させていただいた。ホームページを見ていただければ写真が載っている ...

-生き方
-