志に生きてこそ命が輝く

投稿日:2015年1月24日 更新日:

仏教では「仏」になることが目的で出家する。
御釈迦さんはもともとは普通の人間だったが、
6年間の修行の末に菩提樹下で悟りを開かれた。
その後は迷える人を救済し、部下育成して亡くなられた。

生きることを辛いと感じてる人には「楽しくなる」方法を学びたいと釈迦のもとに集まるのは当然だ。

だから強い意志を持って「仏」になりたいと願かけることを強く強く決心する。
それには四つの願があり、仏教には「四弘誓願」という誓いの言葉がある。

「四弘誓願」

1.衆生無辺誓願度(衆生は無辺なれど、誓って度せんことを誓う)
衆生とは生きとし生きるもののことで、それを救うこと(利他行一番ですること)

2.煩悩無尽誓願断(煩悩は無尽なれど、誓って断たんことを誓う)
煩悩を断つという意味は「無くする」と考えがちだが違う。
自分というものにこだわり執着すると三毒の「貪、瞋、痴」がでて苦しむのである。
これを断つには三毒をなくすことでなく、三徳「智、仁、勇」に転じることだ。
転じる方法は他を利する「利他行」をすることだと解くのだ。
「他」とは三つある。
1)他人という「個人」という「他」 
2)各個人が形成してる社会集団としての「他」
3)自然(動植物や環境)としての「他」
禅ではこの三毒を三徳に転じることを「転迷開悟」「見性成仏」という。

3.法門無量誓願学(法門は無量だけれど、誓って学ばんことを誓う)
利他行するには真の智慧と勇気を得るべく、法(ダルマ)を徹底して学ぶことだ。

4.仏道無上誓願成(仏道は無上成れども、誓って成ぜんことを誓う)
平和で安寧な社会、仏国土を築くこと無上にである。限りなくだ。

実に「仏」になりたいという積極的な意志表明だ。

深く法華経に帰依した宮沢賢治は「世界全体が幸福にならなければ、個人の幸福はありえない」といい切り。
瀬戸内寂聴さんは「生きるとは自分の存在が誰かの役に立ち、他者を幸福にすることです」という。

社会人として仕事に携わる私には、
「石材を通してお客さんや関わるすべての人たち、動植物の命の幸福創造をする」
この志をより具体的にして日々精進する以外にない。
完璧はないが、全力で仕事に邁進し,志に生きてこそ命が輝くと確信する。

皆さんは志に生き命輝いてますか?

no image

2020/07/28

アダム・スミスの世界観

アダム・スミス(1723~1790年)は、18世紀のイギリスの産業革命の立役者として、生産技術の根本的革命を起こし、中世 ...

no image

2020/07/26

「学問ノススメ」に学ぶ

江戸時代に寺子屋などで教えられていた「実語教」という本の中に、 「人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なり」とあり。され ...

no image

2020/07/24

仕事について

毎月会社説明会を開いており、そこで必ず質問する。 「何のために仕事をするのか?」と聞くと、「生活のため」、「自分を成長さ ...

no image

2020/07/24

「ペスト」カミュに読む。

最近、カミュの「ペスト」が読まれている。カミュ(1913~1960年)は第一次世界大戦、第二次世界大戦のさなかで育った。 ...

no image

2020/07/20

「才能と人格と人間関係」の三方を磨く

菜根譚(さいこんたん)によれば、「徳は才の主、才は徳の奴なり」才能と人格は車の両輪なのだが、人格が主人で才能は召使である ...

-生き方
-