産みの親と育ての親

投稿日:2014年3月9日 更新日:

私たちには親が二人いる。
一人は産みの親である。
それは大自然であり、宇宙である。

もう一人は育ての親である。
両親であり、恩師であり、友人であり、仲間であり、他の命すべてである。

春になると思い出すのは良寛の詩だ。

花無心招蝶     花無心にして蝶を招き
蝶無心尋花     蝶は無心にして花を尋ね
花開時蝶来     花開く時蝶来たり
蝶来時花開     蝶来たる時花開く
吾亦不知人     吾亦人を知らず
人亦不知吾     人亦吾を知らず
不知従帝則     知らず帝則に従う

帝則とは自然、宇宙の法則だ。

私たちは育ての親を選んで生まれてくるのかもしれない。
それは自分を磨くためだろう。
自分なりに考え行動できる思春期には育ての親が疎ましく思い感謝どころでない。
育ての親が子供を育てるのが当たり前とおもいこんでいる。
育ての親に不平不満を言いそうになったら、
産みの親に尋ねてみることだ。

良寛さんのこの詩を詠むと『我』をなくしているが傍観者ではない。
しっかり、帝則に従う主体的な自分がある。

我々には日常生活があるから、良寛さんのように世捨て人になって生活はできない。
せめて利他行を一番にし『我』を少なくする。〔小欲知足〕
言うは易し行うは難し、反省と感謝あるのみだ。
産みの親の法則に従い、育ての親に感謝し、心を磨いて少しは成長したいものだ。

みなさん産みの親の法則に従ってますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-