産みの親と育ての親

投稿日:2014年3月9日 更新日:

私たちには親が二人いる。
一人は産みの親である。
それは大自然であり、宇宙である。

もう一人は育ての親である。
両親であり、恩師であり、友人であり、仲間であり、他の命すべてである。

春になると思い出すのは良寛の詩だ。

花無心招蝶     花無心にして蝶を招き
蝶無心尋花     蝶は無心にして花を尋ね
花開時蝶来     花開く時蝶来たり
蝶来時花開     蝶来たる時花開く
吾亦不知人     吾亦人を知らず
人亦不知吾     人亦吾を知らず
不知従帝則     知らず帝則に従う

帝則とは自然、宇宙の法則だ。

私たちは育ての親を選んで生まれてくるのかもしれない。
それは自分を磨くためだろう。
自分なりに考え行動できる思春期には育ての親が疎ましく思い感謝どころでない。
育ての親が子供を育てるのが当たり前とおもいこんでいる。
育ての親に不平不満を言いそうになったら、
産みの親に尋ねてみることだ。

良寛さんのこの詩を詠むと『我』をなくしているが傍観者ではない。
しっかり、帝則に従う主体的な自分がある。

我々には日常生活があるから、良寛さんのように世捨て人になって生活はできない。
せめて利他行を一番にし『我』を少なくする。〔小欲知足〕
言うは易し行うは難し、反省と感謝あるのみだ。
産みの親の法則に従い、育ての親に感謝し、心を磨いて少しは成長したいものだ。

みなさん産みの親の法則に従ってますか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-