産みの親と育ての親

投稿日:2014年3月9日 更新日:

私たちには親が二人いる。
一人は産みの親である。
それは大自然であり、宇宙である。

もう一人は育ての親である。
両親であり、恩師であり、友人であり、仲間であり、他の命すべてである。

春になると思い出すのは良寛の詩だ。

花無心招蝶     花無心にして蝶を招き
蝶無心尋花     蝶は無心にして花を尋ね
花開時蝶来     花開く時蝶来たり
蝶来時花開     蝶来たる時花開く
吾亦不知人     吾亦人を知らず
人亦不知吾     人亦吾を知らず
不知従帝則     知らず帝則に従う

帝則とは自然、宇宙の法則だ。

私たちは育ての親を選んで生まれてくるのかもしれない。
それは自分を磨くためだろう。
自分なりに考え行動できる思春期には育ての親が疎ましく思い感謝どころでない。
育ての親が子供を育てるのが当たり前とおもいこんでいる。
育ての親に不平不満を言いそうになったら、
産みの親に尋ねてみることだ。

良寛さんのこの詩を詠むと『我』をなくしているが傍観者ではない。
しっかり、帝則に従う主体的な自分がある。

我々には日常生活があるから、良寛さんのように世捨て人になって生活はできない。
せめて利他行を一番にし『我』を少なくする。〔小欲知足〕
言うは易し行うは難し、反省と感謝あるのみだ。
産みの親の法則に従い、育ての親に感謝し、心を磨いて少しは成長したいものだ。

みなさん産みの親の法則に従ってますか?

no image

2020/04/08

マスクを独り占めする人

テレビの緊急事態宣言を見ていて、 娘が「この状況で不安になって自分が真っ先にマスクを買い占める行動をする」 利己的な行動 ...

no image

2020/04/06

「善良な人間」に思う

慈恵医大の精神科の森田先生が語られたというレポートに書かれていたので紹介する。 宇宙の現象はすべて発動力と抑止力とが常に ...

no image

2020/04/06

「生活と感情」を一にする仕事集団目指して

家に帰ると何かほっとする。 家内の味に慣れ親しんだ食事が出て、 いつもの場所に座って、みんなの健康を喜び、 知り合いの人 ...

no image

2020/03/22

「渋沢栄一の論語講義」に学ぶ

ドラッカーの経営学が社会学にまで高められたのは、 儒教をベースにした観点であり、 日本で、その代表格の人物は渋沢栄一だと ...

no image

2020/03/20

「災難に逢うときは災難に逢うがよろしかろ」良寛

世界中がコロナ感染症に対していろんな手を打っているのは実情だ。 個人として感染を広げないためには、 自宅で自粛して大勢が ...

-生き方
-