「後悔と心配」から解放できたら「成仏」

投稿日:

池波正太郎の鬼平犯科帳は実に見ごたえのある番組だ。
中村吉右衛門の鬼平の見せ場は盗賊の前で、
「盗賊改めの長谷川平蔵だ」と堂々と立ち向かい、凄むさまには、
「日本一」と思わず叫びたくなる。

さて、脚本には必ず死体がどこかの場面で出てくる。
岡っ引きがやってきて「仏さん」は「何処のどいつだ」と言うのである。
我々日本人の死生観では、死ぬことを「成仏」すると考えているのである。
成仏するとは覚ることを意味する。

人間が生きてるには歴史という時間軸がある。
死ぬと時間軸がなくなる。
魂と肉体が離れて時間のない世界で生き続けるのを「仏」という。
「後悔」=過ぎ越し苦労に悩むこと(くよくよ)過去
「心配」=取り越し苦労に煩わされる(失敗したらどうしよう、事故でも起こったら)未来
人間の苦しみの根源は「後悔」と「心配」の二つによって「今」を一生懸命生きれないから生じる。

本当に実存してるのは「今」だけ、『今』には後悔も心配もありません。
物事に集中してるときには時間がたつのが早いだけでなく、忘れてしまいます。
「今、今、今、-----」
「苦」=後悔・不安が入り込む余地がない。

「世の中は 今日よりほかは なかりけり
 昨日は過ぎて 明日は知られず」という格言がある。

また、ブッダの言葉に
「人生は心の創造物なのだ。
 今日あるのは昨日の想いから、
 今日の想いが明日の人生を形作る」

言い換えれば、時間軸を連続にしているが、
実は「今、今、今ーー」の存在を生きて、結果に過去と未来が現れると諭す。

自分の土俵(仕事や生活環境)のど真ん中で今をど真剣に生きたら、
自分の人生の足跡(歴史)ができるだけである。

良寛の詩に「相逢うて 相離れ 去来白雲の心
     唯、霜を留めるも跡はなし 人間尋ぬべからず」
人間の出会いもまた霜のように消えるはかないものだ。
こだわるな執着するなと叫んでいるように聞こえる。 

後悔や不安の入る隙の時間を作らない「今」をど真剣に生きる、
誰にも負けない努力で天を味方につけて!!!

皆さんは後悔・不安をどのように退治されてますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-