「後悔と心配」から解放できたら「成仏」

投稿日:

池波正太郎の鬼平犯科帳は実に見ごたえのある番組だ。
中村吉右衛門の鬼平の見せ場は盗賊の前で、
「盗賊改めの長谷川平蔵だ」と堂々と立ち向かい、凄むさまには、
「日本一」と思わず叫びたくなる。

さて、脚本には必ず死体がどこかの場面で出てくる。
岡っ引きがやってきて「仏さん」は「何処のどいつだ」と言うのである。
我々日本人の死生観では、死ぬことを「成仏」すると考えているのである。
成仏するとは覚ることを意味する。

人間が生きてるには歴史という時間軸がある。
死ぬと時間軸がなくなる。
魂と肉体が離れて時間のない世界で生き続けるのを「仏」という。
「後悔」=過ぎ越し苦労に悩むこと(くよくよ)過去
「心配」=取り越し苦労に煩わされる(失敗したらどうしよう、事故でも起こったら)未来
人間の苦しみの根源は「後悔」と「心配」の二つによって「今」を一生懸命生きれないから生じる。

本当に実存してるのは「今」だけ、『今』には後悔も心配もありません。
物事に集中してるときには時間がたつのが早いだけでなく、忘れてしまいます。
「今、今、今、-----」
「苦」=後悔・不安が入り込む余地がない。

「世の中は 今日よりほかは なかりけり
 昨日は過ぎて 明日は知られず」という格言がある。

また、ブッダの言葉に
「人生は心の創造物なのだ。
 今日あるのは昨日の想いから、
 今日の想いが明日の人生を形作る」

言い換えれば、時間軸を連続にしているが、
実は「今、今、今ーー」の存在を生きて、結果に過去と未来が現れると諭す。

自分の土俵(仕事や生活環境)のど真ん中で今をど真剣に生きたら、
自分の人生の足跡(歴史)ができるだけである。

良寛の詩に「相逢うて 相離れ 去来白雲の心
     唯、霜を留めるも跡はなし 人間尋ぬべからず」
人間の出会いもまた霜のように消えるはかないものだ。
こだわるな執着するなと叫んでいるように聞こえる。 

後悔や不安の入る隙の時間を作らない「今」をど真剣に生きる、
誰にも負けない努力で天を味方につけて!!!

皆さんは後悔・不安をどのように退治されてますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-