「後悔と心配」から解放できたら「成仏」

投稿日:

池波正太郎の鬼平犯科帳は実に見ごたえのある番組だ。
中村吉右衛門の鬼平の見せ場は盗賊の前で、
「盗賊改めの長谷川平蔵だ」と堂々と立ち向かい、凄むさまには、
「日本一」と思わず叫びたくなる。

さて、脚本には必ず死体がどこかの場面で出てくる。
岡っ引きがやってきて「仏さん」は「何処のどいつだ」と言うのである。
我々日本人の死生観では、死ぬことを「成仏」すると考えているのである。
成仏するとは覚ることを意味する。

人間が生きてるには歴史という時間軸がある。
死ぬと時間軸がなくなる。
魂と肉体が離れて時間のない世界で生き続けるのを「仏」という。
「後悔」=過ぎ越し苦労に悩むこと(くよくよ)過去
「心配」=取り越し苦労に煩わされる(失敗したらどうしよう、事故でも起こったら)未来
人間の苦しみの根源は「後悔」と「心配」の二つによって「今」を一生懸命生きれないから生じる。

本当に実存してるのは「今」だけ、『今』には後悔も心配もありません。
物事に集中してるときには時間がたつのが早いだけでなく、忘れてしまいます。
「今、今、今、-----」
「苦」=後悔・不安が入り込む余地がない。

「世の中は 今日よりほかは なかりけり
 昨日は過ぎて 明日は知られず」という格言がある。

また、ブッダの言葉に
「人生は心の創造物なのだ。
 今日あるのは昨日の想いから、
 今日の想いが明日の人生を形作る」

言い換えれば、時間軸を連続にしているが、
実は「今、今、今ーー」の存在を生きて、結果に過去と未来が現れると諭す。

自分の土俵(仕事や生活環境)のど真ん中で今をど真剣に生きたら、
自分の人生の足跡(歴史)ができるだけである。

良寛の詩に「相逢うて 相離れ 去来白雲の心
     唯、霜を留めるも跡はなし 人間尋ぬべからず」
人間の出会いもまた霜のように消えるはかないものだ。
こだわるな執着するなと叫んでいるように聞こえる。 

後悔や不安の入る隙の時間を作らない「今」をど真剣に生きる、
誰にも負けない努力で天を味方につけて!!!

皆さんは後悔・不安をどのように退治されてますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-