磨けば玉になるのが私

投稿日:

理想の人物や神仏を敬うのはいいことではあるが、
そんなものは頭の中にある空想だ。
「伝灯禄」巻九福州大安章を紹介する。

黄檗山で仏弟子になった福州大安(793~882年)が若い時に、
有名な百丈慧海和尚(748~814年)を訪ねる。
この世で一番理想的な人間「仏陀」とはどんな人間であったのか知ろうと、
百丈山まで出かけて行って和尚に「仏」とはと尋ねる。
百丈和尚は「なんと馬鹿な。お前さんは牛に騎って牛を求め歩いているじゃないか」と言われた。

この話の真意は
「自分の中に宝物がぎっしり詰まっているのを知らず、
 国中のあちこちを歩いて宝物を探し求める金持ちの話(長者窮子)と同じだ」
我々凡夫は大安と同じことをしているのである。
この素晴らしい体と心を宇宙からもらっているのに一つも磨きをかけず、
本能心を満たすことに執着して、
自分の尊さを忘れて毎日何か良いことはないか探している。

性善説だ性悪説だと人間の断片を切り取って自分を決めつけ、
ひたすら他人と比べて愚痴と批判に明け暮れてる愚かな私だ。

お釈迦さんも人間だが、楽しく生きるために6年間の修業を終え、
あらゆる苦しみから解放されることに気づかれたのだ。

「幸せになるのはいっぱいモノがある事ではなく、
 幸せを感じる心を作る事」というように、
自分の心に磨きをかけること。
少しでも利己心を抑え心を浄化することと稲森和夫さんは言う。
仕事を通じて利他行を貫徹することで結果利己心が抑えられるに違いない。

皆さんは磨いてますか自分を?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-