「則天去私」に学ぶ

投稿日:

夏目漱石が晩年自分を表した言葉であることは誰もが知るところだ。
小宮豊隆宛に書いた手紙がある。
「僕の無私という意味はむつかしいものでも何でもありません。
 ただ態度に無理がないのです。
 だからよい小説はみんな無私です。
 完璧に私があったら大変です。
 自家撲滅です。
 だから無私という字に拘泥する必要もないのです。」

漱石は「無私」にこだわることが無私の逆だと言いたいのだ。
「無私」とは生きている現実の姿だ。
無私とか去私というと自分の意見を持たず、欲望や雑念が減ったありかたと、
思われるのが一般的だが、文学の道を志すことに発奮する激しい決意と行動を言う。

「天に則する」とは自分の天分の限りを尽くす努力を惜しまないことを言う。
自分はその道に志すという意味で小説に乗り移った「我」で、
自我の欲得という立場から見ると「無私」であり「去私」である。

死ぬまで進化し続けるぞという決意でもある。
漱石も親しい、正岡子規も同じような心境を病床の中で綴っている。
「禅の悟りとは、どんな場合でも平気で死ぬことだと思っていたが、
 それは間違いで、どんな場合でも平気で生きていることだとわかった。」

禅では覚ったふりする悟りを「野狐禅」という。
「則天去私」の意味を読み解き、
死ぬまでこの道を究めるという欲でいっぱいになってきた。
もう、いい年齢だからと物分かりのいい人間を演じることはやめる。

皆さんは一生今の道に没頭して進化し続ける決意と覚悟できてますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-