「則天去私」に学ぶ

投稿日:

夏目漱石が晩年自分を表した言葉であることは誰もが知るところだ。
小宮豊隆宛に書いた手紙がある。
「僕の無私という意味はむつかしいものでも何でもありません。
 ただ態度に無理がないのです。
 だからよい小説はみんな無私です。
 完璧に私があったら大変です。
 自家撲滅です。
 だから無私という字に拘泥する必要もないのです。」

漱石は「無私」にこだわることが無私の逆だと言いたいのだ。
「無私」とは生きている現実の姿だ。
無私とか去私というと自分の意見を持たず、欲望や雑念が減ったありかたと、
思われるのが一般的だが、文学の道を志すことに発奮する激しい決意と行動を言う。

「天に則する」とは自分の天分の限りを尽くす努力を惜しまないことを言う。
自分はその道に志すという意味で小説に乗り移った「我」で、
自我の欲得という立場から見ると「無私」であり「去私」である。

死ぬまで進化し続けるぞという決意でもある。
漱石も親しい、正岡子規も同じような心境を病床の中で綴っている。
「禅の悟りとは、どんな場合でも平気で死ぬことだと思っていたが、
 それは間違いで、どんな場合でも平気で生きていることだとわかった。」

禅では覚ったふりする悟りを「野狐禅」という。
「則天去私」の意味を読み解き、
死ぬまでこの道を究めるという欲でいっぱいになってきた。
もう、いい年齢だからと物分かりのいい人間を演じることはやめる。

皆さんは一生今の道に没頭して進化し続ける決意と覚悟できてますか?

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

-生き方
-