4月新入社員の読書感想文

投稿日:

今年も新入社員を迎える季節になりました。
例年2月に新入社員の食事会をします。
その時に読書感想文を書いて私宛に送ってもらいます。
3月に入って一人目の感想文が届いたのでさっそく読みました。

課題図書は松下幸之助さんの「素直な心になるために」を読んでもらいました。
彼の文章の最初に「素直な心の定義が自分が思っていたのとは違った」と書き始められていた。
1、自分の定義=ただ言うことを聞くのが素直な心
2、松下さんの定義=他人に対して謙虚に耳を傾けることで、
          私心にとらわれない、平常心、正しい価値を知る。

彼は他人に気遣いばかりして嫌われないかを考えて生きていたことに気づいた。
素直な心は追い求めるものと思っていたが、
もともと自分の中にあり、それを引き出すにはこざかしさや、
私利私欲を捨て頑固さを取り除いていけば、
誰でも美しく輝く無邪気な素直な心が出てくると書かれていて驚きを覚えたようだ。

大人になるにつれて知識や問題解決能力を得るが、
一方で素直な心を忘れがちになると気づいた。
だから「素直な心」を忘れず、社会人として成長したい、
「精一杯頑張ります。」と文章は締めくくられていた。

人間はいったん仕事の場に入ると自分の立場や責任もかかってくる。
だからどうしても利害関係が出てきて人間関係が複雑になっていく。
しかし、自分の小さな利害を捨てる覚悟さえできれば「素直な心」は持ち続けられる。
これがなかなかできなく執着するのが人間の性でもある。(反省)

皆さんは「素直な心」に今成れていますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-