「道元」に学ぶ

投稿日:

道元の「正法眼蔵」(諸悪莫作)の中にある言葉で、「善悪は時なり、時は善悪にあらず。善悪は法なり、法は善悪にあらず」
意味=善悪は、その時の状況で決まるが、時そのものが善悪ではない。善悪は因果の方で決まる。その因果の方は善悪ではない。

さて、仕事や人生において、自分にとって善い時もあれば悪い時もある。目の前の現実を100%受け入れないとほんとの知恵がわかない。
この心の構えが一番大事である。良寛は「災難に逢う時節には災難に逢うがよろし、死ぬる節には死ぬるがよろし、これ災難を逃るる妙法なり。」
現実から逃げるなということだ。ところが凡人の我々はまず頭で善悪を決め、悪なら無かったことにするか、その場から逃げ、自分を守ることを考える。
これが利己行である。これでは言い訳ばかり頭に思い浮かぶのも無理はない。心技体の主人は目の前の現実に生きてるのだから、受け入れて対策練るしかない。
それには行動することだ。松下幸之助は二階建ての家を見て、外からどうしても屋根に上がりたいと思った。そこで知恵を絞った。梯子を作って上がった。

行動するにはどうすればいいのかを「正法眼蔵随聞記」巻六にある。「利他の行も自利の道も、劣なるを捨てて、すぐれたるを取るは、大士の善行也」
意味=他人のためにする行為も、自分のためにする修行も、劣っている方を捨てて、勝れる方をとるのが大士(菩薩)の善行である。
上求菩提下化衆生=上を求めて菩提心、下を化して救済する。極め付きの言葉は「冷暖自知」だ。意味=熱い冷たいは自分で知れ。
要するに現実に飛び込んで心でも体でも味わえということだ。参った参った、まだまだ覚悟が足らん自分がいる。

皆さんは道元の言葉どう感じますか?

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

no image

2020/10/17

「六祖慧能の話」

達磨から数えて六代目が慧能大観だ。 広東省に生まれた慧能は母一人子一人で、薪を売ってつましい暮らしをしていた。 ある時に ...

-生き方
-