「コロナショック」に思う

投稿日:

経済の発展は都市の出現からだ。市が立ち、手工業者が集まってみんなが集まりモノを交換する。
これがさらに発展すると、工場制手工業となり量産する。さらに人間の手から離れ機械化する。
イギリスを中心に産業革命がおこるのは皆さんもご存じでしょう。

技術の進歩によって機械が発展すると工場で働く人がいる。イギリスでは当時輸出するものは毛織物だった。
そこで地主は羊毛を生産するために「囲い込み」といって土地を収奪し、貿易を促進した。
今までになかった階級の資本家も生まれ、賃労働者も生まれるようになったのである。
20世紀の初頭になると、ドイツや、フランス、ロシアがバルカン半島に南下して経済的市場の争奪戦が始まるのである。
ドイツは潜水艦で近づく船舶をすべて攻撃し沈没させたのを欧米はカンカンになって怒って始まったのが第一次世界大戦だ。

1919年ベルサイユ条約が結ばれ終結するが、ドイツの当時のGTPの20年分の賠償を課され、植民地は取り上げ、
武器などの製造や研究開発などを禁じられた。日本はこの間欧米がアジアに目が向かなかったんので国益は増えるのであったが、
満州の線路の爆破で1933年リットン調査団が来て、日本の侵略にくぎを刺し、欧米と戦争することになっていくのである。

コロナショックは世界が巻き込まれた自然が相手の戦いである。各国は経済を元にするためにアメリカでは200兆を即刻だし、
さらに追加を予算で組んで出している。日本も100兆円という予算にさらに追加する始末だ。イギリスは給与38万限度の補償する始末だ。
もちろん日本の財政は国債発行をすることで補い、それを日銀が買いとるという仕組みだ。ところが国家のGDPマイナス成長しようとなってるのに、
株価は一時は下がったが、世界的に上がってるのである。実体経済とは全く違う動きをしてる。
1923年10月のニューヨークの株が最高値をつけ二か月後に大暴落し、失業者が街にあふれ教会の炊き出しを求める姿を思い出す。
現実の世界のGDPは9500兆円だが、金融投資の動いてるお金は20倍に近い20系であるといわれている。
不安をあおるつもりはないが、世界大恐慌が来るかもしれないと考えるのも当然ありうる可能性の一つだ。

皆さんはいかが考えますか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型コロナウイルスの変異株が早いスピードで感染拡大して、3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されて ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/28

「文化力の時代」がやってきた

今、世界は資本主義圏と共産主義圏の覇権を巡っての対立で、武力をちらつかせながら抑止しているのが現状だ。アメリカがウイグル ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/27

「仁義」について

「書経」には東洋的なリーダーシップ論が書かれている。政治でも事業でも根本は人間の信頼関係ができなければ円滑に運営ができな ...

-生き方
-