「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

投稿日:

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。
バラモン教が支配的だった時代にお釈迦さんは「我」(人間ということ)はみんな尊く平等だとおっしゃるんですね。
当時にすればコペルニクスの地動説に似たようにひっくり返ってしまう発言だった。
三界とは欲界(五欲=食欲、財欲、性欲、睡眠。名誉欲)の中で生きる
    色界(絵画、文学芸術に生きる意味を見出す)
    無色界(物質を超えた精神の世界の哲学や思想に意味を見つける)
この三界は苦しいという。吾=これは釈迦自身の事で、まさにここに安んず。この現実の世界で生きていくのである。
では、どうして生きるかというと道元は「自未得度先度他」といって、他人を先に渡して自分は未だ渡ってない船頭である。

具体的には「利他行」をやれということだ。そうすれば句は楽へと転換していくのである。止まらないで他のために行動する。
そこに、安らぎの世界が得られる医というのである。
一休は「有漏路より無漏路に変える一休(ひとやすみ)雨降らば降れ、風吹かば吹け}といってるのである。

世の中に善だ悪だ、得だ損だというものがあるのではない。それは自分の心が分別してるだけだというのである。

皆さんはなんだかキツネにつままれたような感じしませんか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-