「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

投稿日:

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。
バラモン教が支配的だった時代にお釈迦さんは「我」(人間ということ)はみんな尊く平等だとおっしゃるんですね。
当時にすればコペルニクスの地動説に似たようにひっくり返ってしまう発言だった。
三界とは欲界(五欲=食欲、財欲、性欲、睡眠。名誉欲)の中で生きる
    色界(絵画、文学芸術に生きる意味を見出す)
    無色界(物質を超えた精神の世界の哲学や思想に意味を見つける)
この三界は苦しいという。吾=これは釈迦自身の事で、まさにここに安んず。この現実の世界で生きていくのである。
では、どうして生きるかというと道元は「自未得度先度他」といって、他人を先に渡して自分は未だ渡ってない船頭である。

具体的には「利他行」をやれということだ。そうすれば句は楽へと転換していくのである。止まらないで他のために行動する。
そこに、安らぎの世界が得られる医というのである。
一休は「有漏路より無漏路に変える一休(ひとやすみ)雨降らば降れ、風吹かば吹け}といってるのである。

世の中に善だ悪だ、得だ損だというものがあるのではない。それは自分の心が分別してるだけだというのである。

皆さんはなんだかキツネにつままれたような感じしませんか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-