社会人になり自立するチェックと評価について

投稿日:

社会人になり自立するチェックと評価について
今年も三名の新入社員と二名の中途社員が入社されました。
新入社員研修を受け、どんなビジネスマン〔社会人〕がいいかという発表があった。
具体的に笑顔だとか言葉使いといったこともあるが、基本のスタンスが大事だ。

社会人になると言う基本のスタンスは難しいことではありません。
今まで親から食べ物や教育を与えられ、守られて生きてきました。

簡単に言うと逆にすることだけだ。
「守られる存在から、守る存在に、与えられる存在から与える存在になる」

親に感謝することから始まるが、
「育てて当たり前、与えられて当たり前」と思ってきたし、
友達の親と比較して、不満こそあれ、
このいのちを生かしてくれたことに感謝すると、
考えと行動が、数日の研修で逆になるかどうか疑問だ。

40年前の素直になれなかった自分の社会人一年生を考えてもわかる。
そこで今、どの程度自立してるかモノサシを当て他人に評価してもらうしかない。

     自立の五つのモノサシ
1)自己依存=他人に期待せず自分に期待する〔自己信頼とも言える〕
2)自己管理=自らの可能性を最大限発揮する行動が出来る。
3)自己責任=心の原因は自分自身にあると考える。
4)自己評価=本物を目指してとことん行動する。〔評価は是々非々は自分でしない〕
5)他者支援=他人を信頼して支援する。〔利他行〕

そのためには志を胸に抱いて自分を信じて〔信念を持って〕行動する以外にない。
現実は自分にとって都合のいい事も悪いことも起るし避けられない。
100%受け入れ智慧と行動力で突破するしかないようだ。
さて、評価はどうなるだろうか?自分では道半ばで50点ぐらいかな!!
頂上のない山登りが仕事・人生だそうなので、
未来の自分を楽しみに日々研鑽努力するのみだ。

みなさんはどんなチェックリストを持っておられ、評価はいかがですか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/23

「土俵の真ん中で相撲をとる」

データサイエンスと言って、色んなデータから未来を読み解くことで、的確に未来を見通せるという科学的方法がある。データは過去 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

-生き方
-