桜の句

投稿日:

桜の句
古今和歌集に、
「世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」

桜があるから春ののどかに過ごせるという、なんとも開放的で雅な感覚を感じる。
さて今の日本にはこんな開放感があるだろうか?

桜は、一方では散り時の潔さと儚さに例えられ、諸行無常を詠われる。

良寛さんは「散る桜残る桜も散る桜」

小林一茶は危篤状態で詠んだといわれる。
「死に支度 いたせいたせと 桜かな」

西行法師は「願わくば花のもとに 春死なん その如月のもちづきのころ」

芭蕉は「さまざまなことを思い出す桜かな」

桜は私たちに何を感じ何を伝えてるのだろうか?

皆さんはいかが詠みますか?

大阪石材社長ブログ

2021/03/06

「グローバル資本主義」どこへ行く

資本主義には二つの考え方がある。1.アダム・スミスの言う自由放任主義。純粋に財には規制や税制をフリーにする。あるいは働く ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/05

「資本主義は人間が主人公」

渋沢栄一がNHKのドラマの主人公になっている。日本の資本主義を構築し、第一銀行をはじめ全国に金融の体系を確立した。彼は西 ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/28

「人間マネージメントのコツ」

何百人という部下をやめさせてしまった自分の理由を「部下が悪いと部下のせいにして自分は間違ってない」「ただ厳しく育てている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

-生き方
-