桜の句

投稿日:

桜の句
古今和歌集に、
「世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」

桜があるから春ののどかに過ごせるという、なんとも開放的で雅な感覚を感じる。
さて今の日本にはこんな開放感があるだろうか?

桜は、一方では散り時の潔さと儚さに例えられ、諸行無常を詠われる。

良寛さんは「散る桜残る桜も散る桜」

小林一茶は危篤状態で詠んだといわれる。
「死に支度 いたせいたせと 桜かな」

西行法師は「願わくば花のもとに 春死なん その如月のもちづきのころ」

芭蕉は「さまざまなことを思い出す桜かな」

桜は私たちに何を感じ何を伝えてるのだろうか?

皆さんはいかが詠みますか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/23

「土俵の真ん中で相撲をとる」

データサイエンスと言って、色んなデータから未来を読み解くことで、的確に未来を見通せるという科学的方法がある。データは過去 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

-生き方
-