不安は安心の原因〔因果の法則〕

投稿日:

不安は安心の原因〔因果の法則〕
「不安また良し」とは松下幸之助さんの言葉だ。
経営の神様はコインの裏表のように、裏〔マイナス〕の言葉を自分の中に取り込んで、
見事に逆の表〔プラス〕の言葉に返す融通無碍の人である。

私も昔から「石橋を叩いて渡らない男」といわれてきた小心者だ。
石材事業を始めたころは、いつか売れなくなるんではないかと不安になり、
石材の工業出荷高や貿易の輸出入高を調べ、
さらに火葬場の数や病院の数、死亡者数と月次の統計も調べた。

そこでわかったことは社会で生活するということは、
社会のハードウェアの処理能力の範囲内で調整されることに気づいた。

だから死は偶然でなく、社会的制約により毎月よく似た人数でなくなるのだと
わかったのである。
ここで「不安」は「安心」になったが、
また次に「不安」としてどうして必要な人に伝えるかが課題になった。

こんな風に「不安」は「安心」の原因であるから、
「不安」を100%受け入れ、その「不安」に負けず立ち向かいそれを克服するため、
自分と向き合うことが、新しい境地が開けていくのである。

ここで大事なのは、自分に「嘘」つかない、「素直」に事実を受け入れる勇気だ。
すべてはここを誤魔化しては「不安」は「不安」のままに先送りされるだけだ。

私は神経質なほうかもしれないが「危機」「不安」は感じるほうだ。
たぶん自意識が強く気が小さいからに違いない。
世間には逆に泰然として動じない人もいるが、無頓着で「危機」をわかっていないのは、
「盲ヘビに怖じず」でいつか事故を起こす人だ。

本物は「危機」を感じ「不安」を持ってはいるが泰然として覚悟が出来て有意注意して
行動する人だ。
一方私の若いころは神経質すぎて「不安」に押しつぶされ負けてしまう〔取り越し苦労〕と、
何にも行動できなくなる。
(自分の頭で妄想して「山よりでっかい獅子」を作り出して恐れ、身動き出来なくなるのだ。)

この原稿を書き終え、車に乗って走り出して事故を起こし死ぬかもしれないが、
自分にはわからないが現実起りうる可能性はある。

一寸先は誰にもわかりません。

二、三日前の茨城県で起こった竜巻で家の中に居た、15、6歳の男の子が
亡くなったことからも想像できるだろう。
〔本人は竜巻で死ぬとは考えてなかった〕

だから心の準備なく「危機」「不安」は起こる、
起ったとき全力で智慧と行動で対応するしか方法はない。
何にも起っていない「今」を真剣に生きるしか生きようがないと覚悟することが大事だ。

会社が続けられたのも、この「不安」「動揺」と向き合ってきたからだし、
向き合うことで自分を成長させられたように思う。

世の中には「安心」な事や場所はない、
「安心」は事実に真正面から向き合って、行動する中に生まれ出来ていくものである。

みなさんは「安心」外に求めますか?自分で創りますか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-