感性と理性・芳村思風流儀

投稿日:

感性と理性・芳村思風流儀
「感性」=問い 「理性」=答える

何を問うか?
芳村先生は三つ問い続けろとおっしゃられる。
1〕「如何に在るべきか」
2〕「如何になすべきか」
3〕「如何になるべきか」

人生の時間軸の過去・現在・未来を問い続けることだろう。
「理性」には性質がある。
1〕「答え」を出さなければ前進できない。
2〕「答え」に縛られて、問いがないと成長は止まります。
3〕「感性」が問題を感じなければ、「理性」は働きません。
〔この3番が重要だ。感性と理性は光と影のような関係だ〔光濃ければ影濃し〕〕

「答え」に縛られると違う答えを排除しようとする。
対立が生まれる。説得しようとする。
「問い」や「問題」は与えられるものでなく、自分で感じ取るものだ。

私たちは過去や、今を否定しては未来が語れない。
どんなに苦しいことも、辛いことも成長していくためには必要だった。
自分の人生に起る良い事も悪いこともすべてに絶対肯定し体験してこそ、
真実が語れるのだと断言される。

病気にならないと病人の気持はわからない。
離婚したことのない人が、離婚の苦しさがわかりません。

病気や離婚はしないほうが良いが、
必ず生かすことができるときが来る。
自分仕事・人生に失敗はありません。
すべてが体験だ。
人生には失敗の人生はないと言い切り、
成長の連続だと締めくくられる。

芳村先生のように、自分に起りくるすべてを必然と受け取り、
起り来ることを「結果」ととらえ一喜一憂し心を騒がさないで、
起りくることを「原因」ととらえ智慧と行動で良い結果を出すようにすれば良いだけだ。
このように積極的な仕事・人生を創っていくからこそ主体的だ。

みなさんは起りくる事「結果」「原因」どちらにとらえますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-