鏡の法則について

投稿日:

鏡の法則について
5~6年前だったと思う。
『鏡の法則』という本がよく読まれた。
私も読んでみた。
親に対して憎む、あるいは他人に対して憎む感情は人間ならある。
私は30数年母親から絶縁状を叩きつけられていて、正直尊敬できなかった。
しかし、『鏡の法則』を読んで、
自分が甘えていて母親に理想を押し付けていた事に気づかされた。

気付けば行動だ。
直接話すのは照れくさいので手紙にすることにした。
育ててもらった事に感謝、自分の未熟な感情の持ち方に謝罪し、心を込めて書いた。
もう一人大親友にも同じ感情を持っていたので手紙を書いた。

行動すれば必ず心は伝わるものだ。
友人はその後20年間あっていなかったのを、
親友の友が気遣い再会の場面をつくってくれた。
親友は和解の時が来ると涙を流し再会を喜んでくれた。

母親はそんなドラマの場面がなかったが、
認知症が進行して記憶がつながらなくなった。
何か自分の役目が終わったと安心したのか、
過去の嫌な記憶を消すかのようだった。

認知症がひどくなったのはその後すぐで、
数年前からは知人のケアーハウスで世話になってる。
今は「毎日悩みがないから長生きして迷惑かける」と喜んでいる。

「鏡」を重視するのは古くは老荘の道教だが、
禅宗では『私』が生まれる前の自分を『本来の面目』といい、
『私』という分別し欲望に染まった存在の前の自分を自覚することを教える。

この自分を再現するのはなかなか難しい。
『坐禅』の修行はこの存在になることなのだ。

われわれが『私』と思って時間を積み重ねて歴史をつくって、
人間として深みもでてくる自分。
それこそが仮の自分でほんとの自分ではないと否定するのが禅だ。
あくまでも自由に解放された心をつかみ今に生きることを良しとする。

禅語に『明鏡止水』というのがある。
私心のない私だ。

『映るとも月は思はず 映すとも水は思はぬ 広沢の池』

如実知見=私心なく素直に見れば見える事実だ。

みなさんは「鏡」どんな思い出ありますか?

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

no image

2020/11/04

「強い心」は自分で創る

人間は基本は弱い動物である。丸裸では寒さや暑さを避けられない。そこで、「考える」という知恵を与えられている。狩猟時代は雨 ...

-生き方
-