陽明先生の生き方に学ぶ

投稿日:

陽明先生の生き方に学ぶ
私が23歳頃に勤めたときの社長が教えてくれた三つの人間タイプわけだ。
1.単純正義派
2.勘とろ
3.早飲込み早合点
ご自身は勘とろタイプとおっしゃっていた。
この分類の根拠が今でもわからないが、
私はどうも早飲み込み早合点タイプのような気がする。

というのも早く行動したい願望が強く、
少々の失敗は頭をかいて誤魔化せば良いというぐらい、いい加減だ。
じっくりモノを考え、計画をしっかり練って行動に移すのが辛気臭く感じる。
生来のあわてものに違いない。

だから学問を体系化することが出来ないのだ。
そこで自分に合うことを言ってる人物がいないかと捜してると、
「伝習録」(安岡正篤著)を書いた王陽明(陽明学)に出会った。

「知と行」
知は行の始め、行は知のなるなり、
聖学はただ一箇の功夫。
知行は分かって両事と作すべからず。

意味=知ることは行うことのはじめであり、行うことは知ることに実成であって、
  それは一つのことである。
  聖人の学問はただ一つの工夫あるのみで、
  知ることと行うことを分けて二つの問題としないのである。
実に私には賦に落ちる話だ。

さらにもうひとつ賦に落ちる話がある。
「事上磨錬」
問う、静時は亦た意思の好きを覚ゆれども、
才(わずかに)事に逢えば便に同じからず。如何。
先生曰く、これ徒らに静養を知って、克己の工夫を用ひざればなり。
かくのごとくにして事に臨まば、便ち傾き倒れんとす。
人は須く事上に在って磨くべく、
方に立(得)ち住らん(とどま)。方に能く静にも亦た定まり、動にもた亦定まらん。

意味=問う、「わたしは静かな時には心の働きもよいと思いますが、
何か問題に出会いますと、同じようには参りません。いかがでしょうか。」
先生曰く、「それはただ静養を知って、己に打ち克つ修行を行わないからである。
ちょうど温室の花と同じ事で、そのような状態で事件に臨んだなら、
外力に圧倒されてしまうのであろう。
人間はいろいろな事件と取り組んで自己を磨かねばならぬ。
そうすれば自然に確立して、静時にも安定するし、動中にも安定すであろう。」

王陽明は静を根本と重んじるが、これを獲得すには事上錬磨しなければならないと、
実践の中で学ことを説くのである。
実に私には賦に落ちる話である。
学問はただ知ってるだけでなく、生きてる今応用できなければ本物でない。
私はそんな活学を学びたいと念じてる。

皆さんは陽明先生の生き方どう思われますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-