「成長欲求(向上心)生かしてますか?」

投稿日:2019年4月26日 更新日:

現代は科学が発達して肉体の解明を進化させ、
癌も不治の病でなくなるというのである。
医療技術の進歩には眼を見張るものがある。

山中教授のIPS細胞も実験段階から実現段階になり、
多くの患者を救う事になるだろう。
さて、現代は肉体だけでなく、脳科学の発達により、
人間の大脳新皮質からの知覚された情報が中脳へ伝達され、
喜怒哀楽の感情を産み、それが脳幹へ伝わりホルモンが分泌される事がわかってきた。

ホルモン分泌を逆算すれば、快感ホルモンのβエンドルフィンをコントロールして出せるようになるだろうところまで来ている。
自分にとって都合の悪いこともよいこともコントロールでき、いつも快感ホルモンを出せるかもしれないようになる。
禅の無我の境地がコントロールできるという勢いだ。
身体と脳を科学的に解明されたら、人間は幸福感でいっぱいになることも可能である。

この成長欲求を土台に私たちは日常どういうスタンスにたって、
物事に対処し、学べば良いかが重要な生きる姿勢となる。

抽象的にはなるが、成長欲求は常識や可能な世界に縛られないことであり、常識で考えるのでなく、常識を考え、 非常識に挑戦することだ。
可能な事ばかりをして失敗をしない生き方より、
不可能な事へ挑んでいく情熱と行動が可能を産み出すのである。
物事の局面や一時的な状況では限界があるかもしれないが、
長い歴史の中で見たら本当に限界とはいえないことがある。

たとえば天動説をひっくり返したガリレオ(1564か1642年)の地動説は宗教裁判で否定され投獄されたが、現代は誰もが地動説が事実であることは知っている。

さて、脳科学の方面から言うと、安心を行動するのでなく不安に飛びかかって行く勇気、不満を満足にかえる知恵を出し行動する事によって成長する事は間違いのない事実だ。
これは仏教で言う因果の法則だ。
私たちは安全を求め、不安を排除しようと考えがちだが、
不安や不満や不可能を100%受け入れ、自らの智慧と行動で解決してこそ、自分が主体の自分の人生の道ができる。

皆さんは因果の法則どおり自分に挑戦し成長欲求生かしてますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-