「西洋と東洋」に思う

投稿日:

私の思考は西洋が相対的、東洋が絶対的と対立させて考える習慣がついていると最近感じる。
たとえば、論語に「己の欲せざるところを人に施すなかれ」
これをマタイ伝の第七章にある「人々からして欲しいと望むことは人々にもその通りせよ」
これを論語長で訳すと「己の欲するところを人に施せ」となる。
論語はあくまでも自分が主語だ。
自分の心の中の「仁」を目覚めさせる事が主眼だ。
しかし、「人々からして欲しいと望む」というのは人間を俯瞰して、
絶対者の神から見た視点の表現で、世の中が主語になる。
だから世の中で生きていくにはどうするかという神の声として意味を理解する事だ。

同じような例を出せば、マタイ伝7章の13節、14節にある。
「狭き門から入れ、
 滅びにいたる門は大きくその道は広い、
 命に至る門は狭く、その道は細い、
 そしてそれを見出すものは少ない。」

この神から見た狭き門という意味は、
財産、地位、名誉、知識や美貌、武器といったこの世のものを持ったままでは
天国の門は通れない。
それらの人間的価値観を捨てなければならないということだ。

世の中の基準ではそんな外面的なことが評価されるが、
その人間的な価値を捨てなければならない。
まさに、仏教的には人間の本能的な五欲七情を捨て、
六根清浄(眼耳鼻舌身意)にして、
人間的な執着を捨てることを意味する。

これは千利休の茶室の「にじりぐち」の発想と同じだ。
約2尺(60センチメートル)の高さで頭を下げる。刀を抜いて全員が平等の立場になる。
世の中における立場や地位を捨てる空間を作り出した。
「市井の山居」と言われ、世の中のいろんなしがらみはあるが、
まるで山に静かに静寂を楽しむ心境で一服の茶を嗜むのだ。
これも俗世にありながら人間的な価値をかなぐり捨てることを意味する。

洋の東西を相対、絶対と区別する論調でなく、
人間、個人を磨く観点が東洋で、
世の中を生きぬく観点で説かれているのが西洋流だ。
個人の心を深め高める東洋的な発想は人間的価値を小さくする利己心になる可能性がある。
一方西洋的な世の中を生きぬくために諭されてるが、
現実主義の効率的な行動をするギブアンドテイク的な利己心になる可能性がある。
だから、相対絶対という価値を超えた超絶対的な価値こそが自分独自の真我ではないでしょうか?

皆さんは相対絶対をどう超えられていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-