「王陽明」に学ぶ

投稿日:

中国 宋(960〜1127年)の時代には諸子百家時代の孔子、孟子、老子、荘子などの儒学が正しく伝わっておらず、朱熹が朱子学として再編する。
しかし、朱子学は格物致知と言って、外の理が内の理を補完すると考え、
「性即理」と考え、支配的なイデオロギーになっていった。
そこで明(1368〜1644年)の時代に、王陽明(1472〜1529年)が表れ、「一木一草みな理あり」と喝破して、内なる理は完全であって
外の理を必要としない、と言い切る。
「心即理」である。

さて、王陽明の著書「伝習録」の中の重要なキーワードを紹介する。
1.「事上磨錬」
   人間は静のときばかりいると外力に圧倒されてしまう。
   いろいろな事件と取り組んで自己を磨かねばならない。
   そうすれば、自然に確立して、静座にも安定し、
   動中にも安定する。
2.「知行合一」
   「知は行の始め、行は知のなるなり。」
   知ることは行うことの始めであり、行うことは知ることの実践であって、
   それは一つのことだ。
   知ると行うことを二つの問題としない、表裏一体だ。

王陽明を日本で最初に学んだのは、中江藤樹といわれているが、
幕末の志士たちもほとんどが学んでいた。
積極的で行動的で生き生きとしたものの見方は、
支配的なイデオロギーの朱子学から自立する体当たりの覚悟の思考だ。

他にも仏教と儒教の違いを三つあげているが、後日書くことにする。
歴史は必要な時に必要な人物を排出するものだとつくづく感心する次第だ。

皆さんは王陽明をいかが思いますか?

no image

2020/07/11

「道心」

「道心の中に衣食あり 衣食の中に道心なし」伝教大師最澄の「伝述一心戒文」の中にある言葉だそうだ。 この言葉は恩師の小田切 ...

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

-生き方
-