「善悪は時なり」道元

投稿日:2019年2月23日 更新日:

この言葉は凡人がどっちの結果になっても言い訳できるように使うものではない。
現実の客観的な状況では因縁によって「時には善となり悪となる」という深い言葉だ。

吉田松陰は
「私心さえ除き去るなら、
進むもよし、退くもよし
出るもよし、出ざるもよし」

この心境は自由で自在な心の持ち方を言っている。
ここまで、人間の持ってる五欲(食欲、色欲、睡眠欲、財産欲、名誉欲)に打ち勝って、
己を超克できるかということだ。
松蔭は国家が外国の植民地にされるという危機を感じ、志に動かされていたのである。
明治の志士たちは、みな同じ志だったに違いない。

「大学」の序文に「明徳を明らかにする」とある。
これには二つあるといわれる。
1.人間学(本学)=自己を追求し品格、徳性を磨く、言い換えると五欲に打克つ。
2.自分学(事務学)=社会で生きていくための知識と技術を学ぶ、磨くのである。
この二つは全く方向性が違う。

凡人の私などは「誠」がある時と「誠」がないときがあり(ムラがある)、一本筋が
通っていない。
賢人といわれる人は「誠」であるべく努力を惜しまない人だ。
聖人といわれる人は、自然に耳に従って「誠」ができる人のことだ。
これには不屈の辛抱と修養がいる。

孔子は「知好楽」と、
知ることより好きな事のほうが良い。
好きな事より楽しい事のほうが良い。
継続して行えるというのである。
もう一つ付け加えれば「遊」、あそんでいるかのように行動できたら最高だ。

皆さんは善悪は時なりと自由で自在な自分づくり、どうされてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型コロナウイルスの変異株が早いスピードで感染拡大して、3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されて ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/28

「文化力の時代」がやってきた

今、世界は資本主義圏と共産主義圏の覇権を巡っての対立で、武力をちらつかせながら抑止しているのが現状だ。アメリカがウイグル ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/27

「仁義」について

「書経」には東洋的なリーダーシップ論が書かれている。政治でも事業でも根本は人間の信頼関係ができなければ円滑に運営ができな ...

-生き方
-