「善悪は時なり」道元

投稿日:2019年2月23日 更新日:

この言葉は凡人がどっちの結果になっても言い訳できるように使うものではない。
現実の客観的な状況では因縁によって「時には善となり悪となる」という深い言葉だ。

吉田松陰は
「私心さえ除き去るなら、
進むもよし、退くもよし
出るもよし、出ざるもよし」

この心境は自由で自在な心の持ち方を言っている。
ここまで、人間の持ってる五欲(食欲、色欲、睡眠欲、財産欲、名誉欲)に打ち勝って、
己を超克できるかということだ。
松蔭は国家が外国の植民地にされるという危機を感じ、志に動かされていたのである。
明治の志士たちは、みな同じ志だったに違いない。

「大学」の序文に「明徳を明らかにする」とある。
これには二つあるといわれる。
1.人間学(本学)=自己を追求し品格、徳性を磨く、言い換えると五欲に打克つ。
2.自分学(事務学)=社会で生きていくための知識と技術を学ぶ、磨くのである。
この二つは全く方向性が違う。

凡人の私などは「誠」がある時と「誠」がないときがあり(ムラがある)、一本筋が
通っていない。
賢人といわれる人は「誠」であるべく努力を惜しまない人だ。
聖人といわれる人は、自然に耳に従って「誠」ができる人のことだ。
これには不屈の辛抱と修養がいる。

孔子は「知好楽」と、
知ることより好きな事のほうが良い。
好きな事より楽しい事のほうが良い。
継続して行えるというのである。
もう一つ付け加えれば「遊」、あそんでいるかのように行動できたら最高だ。

皆さんは善悪は時なりと自由で自在な自分づくり、どうされてますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-