自由で極楽に生きる

投稿日:2017年10月12日 更新日:

「阿弥陀さまよ、どうぞ自分の煩悩を皆取ってくださるな、
これがないとあなたのありがたさがわかりません」
これは真宗の妙好人の人の言葉だ。

人間は不自由の中にいてこそ、自由、自立の働きができる。
もし何でも叶ったら自由、自立もなくなってしまうということだ。

妙好人の浅原才一は、地獄、極楽について以下のように語る。
「このしゃば(娑婆)せかいから、ごこらく(極楽)に
生まれるはやみち(早道)は、ほかにない。
やっぱり、この娑婆世界なり。
娑婆の世界も、なむあみだぶつ
極楽の世界も、なむあみだぶつ
ありがたいな、ありがたいな
さいいちが、このめがさゑ

なむあみだぶつ、なむあみだぶつ。
わしゃしあわせ、思うてもみよ(思うて見よ)
なむあみだぶつしてもらい、
浮世から、なむあみだぶつで、浄土たのしむ、

なむあみだぶつ、むかいとられて、
なむあみだぶつにつれていなれる。」

どう感じますか、皆さんは

なむあみだぶつと才一は同一であり一如である事だ。
あみだぶつ「と」才一でなく、あみだぶつ「の」才一だ。

あるとき才一にあなたが木片に書いたものを本にしましょうといってきた。
才一は「私は将来罪を犯すかもしれない、君それでも出すか」と言って断ったそうだ。
実に素晴らしい。

不完全な人間、不自由な人間、善悪に惑う人間の心のそこからの自覚がある。
ただの人の自覚。
だから、他の自由を尊重し、他の不自由を共感する事ができる。
それは才一と阿弥陀さんが同一体だからだ。
才一は現実の中で極楽に生きかされているのだ。

江戸時代の至道無難禅師の言葉に、
「生きながら死人となりて成り果てて、おもいのままにするわざぞよき」

皆さんの自由、極楽は「今ここ」にありますか?

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

no image

2020/10/17

「六祖慧能の話」

達磨から数えて六代目が慧能大観だ。 広東省に生まれた慧能は母一人子一人で、薪を売ってつましい暮らしをしていた。 ある時に ...

-生き方
-