自由で極楽に生きる

投稿日:2017年10月12日 更新日:

「阿弥陀さまよ、どうぞ自分の煩悩を皆取ってくださるな、
これがないとあなたのありがたさがわかりません」
これは真宗の妙好人の人の言葉だ。

人間は不自由の中にいてこそ、自由、自立の働きができる。
もし何でも叶ったら自由、自立もなくなってしまうということだ。

妙好人の浅原才一は、地獄、極楽について以下のように語る。
「このしゃば(娑婆)せかいから、ごこらく(極楽)に
生まれるはやみち(早道)は、ほかにない。
やっぱり、この娑婆世界なり。
娑婆の世界も、なむあみだぶつ
極楽の世界も、なむあみだぶつ
ありがたいな、ありがたいな
さいいちが、このめがさゑ

なむあみだぶつ、なむあみだぶつ。
わしゃしあわせ、思うてもみよ(思うて見よ)
なむあみだぶつしてもらい、
浮世から、なむあみだぶつで、浄土たのしむ、

なむあみだぶつ、むかいとられて、
なむあみだぶつにつれていなれる。」

どう感じますか、皆さんは

なむあみだぶつと才一は同一であり一如である事だ。
あみだぶつ「と」才一でなく、あみだぶつ「の」才一だ。

あるとき才一にあなたが木片に書いたものを本にしましょうといってきた。
才一は「私は将来罪を犯すかもしれない、君それでも出すか」と言って断ったそうだ。
実に素晴らしい。

不完全な人間、不自由な人間、善悪に惑う人間の心のそこからの自覚がある。
ただの人の自覚。
だから、他の自由を尊重し、他の不自由を共感する事ができる。
それは才一と阿弥陀さんが同一体だからだ。
才一は現実の中で極楽に生きかされているのだ。

江戸時代の至道無難禅師の言葉に、
「生きながら死人となりて成り果てて、おもいのままにするわざぞよき」

皆さんの自由、極楽は「今ここ」にありますか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-