宇宙の法則

投稿日:2017年10月6日 更新日:

季節の変わり目で風邪をひく人が多くいる。
近くの内科に行って、薬を貰って汗をかいてぐっすり寝る。
よく食べ、よく眠れば自然と治る。

自分の意志で治したのでもなく、薬が効いて治ったわけでもない。
身体を休めて栄養をつけると自然と体がバランスを取って治る。
宇宙の摂理は生成発展化育するようにできている。

木を植えると土の養分を吸って太陽の光にあたればぐんぐん伸びる。
だから、「宇宙の法則」に従う生き方ができれば、人間も自動装置の計らいで成長発展する。

自分が生きてるのでなく、この原理に生かされているのであると理解する生き方が、
「生かされている」という受身な表現になるが、決して主体的でないのではない。

自分の価値判断で生きるのは人間の利己心を軸に主体的に生きることだが、
他者との対立を産み不調和を産むのが現実だ。(イスラム国や北朝鮮の問題)

宇宙のもう一つの原理は「調和」という自動装置である。
赤血球が栄養を運び、白血球が外敵を駆除する役割をしてバランスを取るように、
赤血球、白血球のどちらかが過剰になれば異常反応(病気状態)を起こすようになってる。

宇宙は生成発展、化育の原理と調和の原理が表裏一体でバランスを取っているのである。

「発展」なき「調和」は絶滅し、「調和」なき「発展」も絶滅する。
矛盾するが、現実の宇宙の法則は「発展」し「調和」するものだけが存在するのである。

人間は理性で自然を解明し、応用する技術を発見し、人工的な便利なものを産み出すが、
そのすべては宇宙の法則が一番で人間の理性の計らいは二番だという事だ。

「生かされてる生き方」とは主体がない受身の生き方ではなく、
宇宙の法則をモノサシに生きる、主体的な生き方だ。

宇宙のモノサシを判断基準に、
置かれてる自分の環境に100%感謝し、善行(利他行)をおこなうことで、
毎日が楽しく生かされる主体を持ち続けられ極楽が実現する。

皆さんは「宇宙の法則」一番にされていますか?

no image

2020/10/27

「気」について思う

「気」とはエネルギーであることには間違いないが、古代中国では三種類想定されていた。 其の三種類は進化する「精気、気、神」 ...

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

-生き方
-