宇宙の法則

投稿日:2017年10月6日 更新日:

季節の変わり目で風邪をひく人が多くいる。
近くの内科に行って、薬を貰って汗をかいてぐっすり寝る。
よく食べ、よく眠れば自然と治る。

自分の意志で治したのでもなく、薬が効いて治ったわけでもない。
身体を休めて栄養をつけると自然と体がバランスを取って治る。
宇宙の摂理は生成発展化育するようにできている。

木を植えると土の養分を吸って太陽の光にあたればぐんぐん伸びる。
だから、「宇宙の法則」に従う生き方ができれば、人間も自動装置の計らいで成長発展する。

自分が生きてるのでなく、この原理に生かされているのであると理解する生き方が、
「生かされている」という受身な表現になるが、決して主体的でないのではない。

自分の価値判断で生きるのは人間の利己心を軸に主体的に生きることだが、
他者との対立を産み不調和を産むのが現実だ。(イスラム国や北朝鮮の問題)

宇宙のもう一つの原理は「調和」という自動装置である。
赤血球が栄養を運び、白血球が外敵を駆除する役割をしてバランスを取るように、
赤血球、白血球のどちらかが過剰になれば異常反応(病気状態)を起こすようになってる。

宇宙は生成発展、化育の原理と調和の原理が表裏一体でバランスを取っているのである。

「発展」なき「調和」は絶滅し、「調和」なき「発展」も絶滅する。
矛盾するが、現実の宇宙の法則は「発展」し「調和」するものだけが存在するのである。

人間は理性で自然を解明し、応用する技術を発見し、人工的な便利なものを産み出すが、
そのすべては宇宙の法則が一番で人間の理性の計らいは二番だという事だ。

「生かされてる生き方」とは主体がない受身の生き方ではなく、
宇宙の法則をモノサシに生きる、主体的な生き方だ。

宇宙のモノサシを判断基準に、
置かれてる自分の環境に100%感謝し、善行(利他行)をおこなうことで、
毎日が楽しく生かされる主体を持ち続けられ極楽が実現する。

皆さんは「宇宙の法則」一番にされていますか?

no image

2020/08/06

コロナ対応にみる仕事観の違いに思う

今、世界中がコロナウイルスにどう対応するかを問われている。 その対応から見えてくるアメリカ型の資本主義はトランプ大統領が ...

no image

2020/07/28

アダム・スミスの世界観

アダム・スミス(1723~1790年)は、18世紀のイギリスの産業革命の立役者として、生産技術の根本的革命を起こし、中世 ...

no image

2020/07/26

「学問ノススメ」に学ぶ

江戸時代に寺子屋などで教えられていた「実語教」という本の中に、 「人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なり」とあり。され ...

no image

2020/07/24

仕事について

毎月会社説明会を開いており、そこで必ず質問する。 「何のために仕事をするのか?」と聞くと、「生活のため」、「自分を成長さ ...

no image

2020/07/24

「ペスト」カミュに読む。

最近、カミュの「ペスト」が読まれている。カミュ(1913~1960年)は第一次世界大戦、第二次世界大戦のさなかで育った。 ...

-生き方
-