できる人はどこが違うか?

投稿日:2017年3月31日 更新日:

「できる人」
1.因果の法則で行動する。
仕事に取り組むとき、自分にとって「損する事」「嫌いなこと」「常識から言って悪なこと」
を原因としてより良くするべく智慧を出し全力で行動して取り組みます。
結果はわかってるのですね。「得」して「好きになって」「業界の常識破り改革する」

2.志を高く持って強く強く心に刻み全力で行動する。(創造力、構想力がある)
仕事に取り組むとき、目標高く思いを強くすることで、利己心がへこみ、
利他行することを一番に、お客さんの喜んでもらう行動ができ、勇気と熱意が湧くことを自覚してる。

3.決断と判断の違いを自覚し事実を100%受け入れ現実絶対肯定をする。
自分異とって都合のいいことも都合の悪いことも100%受け入れ、
都合の悪いことは智慧をしぼって、一歩でもよりよくする行動をする。
「判断」は答えがあって状況を理解し決める事。
「決断」は答えがなく状況に自ら飛び込んで切り開く覚悟を決めること。

4.「できるかできないか?」「やるかやらないか?」を明確にして自分を向上させる人ができる人。
自らの力をよく知っていて「できるかできないか」判断し、「できる」と考えて迷わないで「やる」
できるまで「やる」と執念を持って諦めず事に当たる。
執着はしない。(私心をなくす態度ができる)
執着は自己に対するこだわりであったり、一度成功した経験にこだわる意味だ。

5.時と春夏秋冬(時)の違いを知っている。
時=現実を時系列で考え因果関係のチェーンを弁証法的に考え創造する。
人間の推理力であって、真実を言い当ててるのではない。
春夏秋冬とは時がめぐることをよく知っているのである。
時がめぐるとは春になれば種をまき、夏には水を含ませ秋に実りをかる収穫をする。
冬には土を耕し肥料をやって休ませる。
何時までも苦しい状況は続かないし、何時までもいい状態も続かない。
時はめぐるということを仕事に中でも考え自然体で行動できるのである。

最近であった友人から感じ取り、教えてもらった要点でもある。
自分が出来ているかどうかは自分では解らない。

皆さんはできる人はどこが違うと考えられてますか?

no image

2020/10/27

「気」について思う

「気」とはエネルギーであることには間違いないが、古代中国では三種類想定されていた。 其の三種類は進化する「精気、気、神」 ...

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

-生き方
-