古代オリエント集より

投稿日:2017年3月30日 更新日:

洋の東西を問わず、貪欲が身を滅ぼすというのである。
プタハヘテプ曰く、

「貪欲」
「汝の状態良好なるを望むならば、
すべてよこしまなることより逃げよ。
貪欲より身を守れ。
(貪欲こそは)不治の業病にして、
その下に腹心の友生まれる事かなわず。
父母を不和ならしめ
同腹の兄弟たちも(仲違いさせ)
甘い友人を苦くする。
腹心を主人より遠ざけ、
父母を不和ならしめ、
妻を夫より離婚せしむる。
(貪欲の)悪を(まとむれば)(かくの如し)
貪欲こそ忌むべき事すべて(を入れる)袋なり。
------
人間は、正義に正しく仕えるならば、生きながらえ、
正義の道に従うものは、
至福に達しよう。
されば貪欲なる者は墓所をもつこと(も)なかろう。

欲あるのが人間だが、貪欲になり、それが主人として生きることをいさめている。
欧米では正義だが、東洋では自分の心の中の良心を言うのである。
「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉があるように、
天は(神は)すべてを漏らさず見てござるから、
自分に恥じない行動をしろというのである。
良心に従えば、勇気と情熱がわくのだという事だ。

ところが人間の根本は自己保存の本能は利己心だ。
この自分を利することを一番にせず、
志を持って他人を利することを一番にすることだ。

貪欲に支配されず高い志、利他行を主人にすることが寛容だ。
「言うは易し行うは難し」という言葉があるように、
自分の甘さ、弱さを克服する事を実行するには体験な努力がいる。

人間は洋の東西を問わず正義や良心を主人にすることを柱に、
自らの利己心と戦い、努力して今日の秩序ある社会を造ったのだ。

皆さんは古代のオリエントの人の考え如何に思われましたか?

no image

2020/10/27

「気」について思う

「気」とはエネルギーであることには間違いないが、古代中国では三種類想定されていた。 其の三種類は進化する「精気、気、神」 ...

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

-生き方
-