古代オリエント集より

投稿日:2017年3月30日 更新日:

洋の東西を問わず、貪欲が身を滅ぼすというのである。
プタハヘテプ曰く、

「貪欲」
「汝の状態良好なるを望むならば、
すべてよこしまなることより逃げよ。
貪欲より身を守れ。
(貪欲こそは)不治の業病にして、
その下に腹心の友生まれる事かなわず。
父母を不和ならしめ
同腹の兄弟たちも(仲違いさせ)
甘い友人を苦くする。
腹心を主人より遠ざけ、
父母を不和ならしめ、
妻を夫より離婚せしむる。
(貪欲の)悪を(まとむれば)(かくの如し)
貪欲こそ忌むべき事すべて(を入れる)袋なり。
------
人間は、正義に正しく仕えるならば、生きながらえ、
正義の道に従うものは、
至福に達しよう。
されば貪欲なる者は墓所をもつこと(も)なかろう。

欲あるのが人間だが、貪欲になり、それが主人として生きることをいさめている。
欧米では正義だが、東洋では自分の心の中の良心を言うのである。
「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉があるように、
天は(神は)すべてを漏らさず見てござるから、
自分に恥じない行動をしろというのである。
良心に従えば、勇気と情熱がわくのだという事だ。

ところが人間の根本は自己保存の本能は利己心だ。
この自分を利することを一番にせず、
志を持って他人を利することを一番にすることだ。

貪欲に支配されず高い志、利他行を主人にすることが寛容だ。
「言うは易し行うは難し」という言葉があるように、
自分の甘さ、弱さを克服する事を実行するには体験な努力がいる。

人間は洋の東西を問わず正義や良心を主人にすることを柱に、
自らの利己心と戦い、努力して今日の秩序ある社会を造ったのだ。

皆さんは古代のオリエントの人の考え如何に思われましたか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-