悪人なおもて往生す

投稿日:2017年4月24日 更新日:

歎異抄にかかれた悪人正機説だ。
(阿弥陀仏の本願(他力本願)は悪人こそ主正の機根がある)
当時の時代背景はほんとにすさんだ社会背景であり、
この世で自分が救われないような時代に「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで救われると諭す。
しかし、日常生活も他人の事も考え善行に励み「南無阿弥陀仏」を唱える善良な信者にとって、世の中で悪人といわれる人を傷つけ、
社会の掟を守らないような人も往生できるのはおかしいと思うのが普通だ。

ところが善人、悪人と人間が勝手に決めているだけで、
光はどんな人もあまねく平等に照らされてるように、
悪人、善人を隔てないのは「阿弥陀仏」だというのである。

孫悟空の話では悟空がいろいろ智慧を働かせ妖怪退治をやるストーリーだが、
実は阿弥陀さんの手のひらでの出来事だったと結ばれている。
(現代に生きる人間も同じ)

将に人間世界の話しで、仏の世界では一切が平等なのである。
之は単に仏教の世界だけではありません。

キリスト教の世界でも同じような説法がある。

あるとき売春婦が善良だと思ってる市民に石を投げられていた。
そこを通りかかったキリストが、
「自分の中を顧みて神に対して恥じない人がいたならば、
この女に石を打てばよい」

そうすると一人、一人とその場を去り石を投げる人がいなくなった。

また「マタイ・5・45」には、
「天の父はその日を悪しき者の上にも、善き者の上にも昇らせ、
雨を正しきものにも、正しからざる者にも降らせ給うなり」

この言葉は悪人正気説と同じ意味を持つのだ。
仏教では「慈悲」といい悲しみを取り恵みを与える利他行することである。
キリスト教では「愛」(アガペー与える愛)というのである。

求める愛(エロス)から与える愛(アガペー)へとキリスト教では諭す。
与える愛は自己犠牲を伴うというのである。
仏教では自己犠牲でなく自我を捨てるというのであるが意味するところは同じだ。

皆さんは悪人と善人、自分の中にないですか?

no image

2020/07/28

アダム・スミスの世界観

アダム・スミス(1723~1790年)は、18世紀のイギリスの産業革命の立役者として、生産技術の根本的革命を起こし、中世 ...

no image

2020/07/26

「学問ノススメ」に学ぶ

江戸時代に寺子屋などで教えられていた「実語教」という本の中に、 「人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なり」とあり。され ...

no image

2020/07/24

仕事について

毎月会社説明会を開いており、そこで必ず質問する。 「何のために仕事をするのか?」と聞くと、「生活のため」、「自分を成長さ ...

no image

2020/07/24

「ペスト」カミュに読む。

最近、カミュの「ペスト」が読まれている。カミュ(1913~1960年)は第一次世界大戦、第二次世界大戦のさなかで育った。 ...

no image

2020/07/20

「才能と人格と人間関係」の三方を磨く

菜根譚(さいこんたん)によれば、「徳は才の主、才は徳の奴なり」才能と人格は車の両輪なのだが、人格が主人で才能は召使である ...

-生き方
-