未来を開く今どう行動するか

投稿日:2016年9月3日 更新日:

末来は今にしかないというのは誰しもわかっていることだ。
ロングフェローは「いたずらに過去を悔やむことなかれ、
甘き末来に望みをかけるな。
生きよ、励めよ、この現代に」
禅でも「今・ここ・自己」に徹せよと言う。

徹する方法が知りたいのが凡人の私である。

仏教では慈悲と知恵を説くがもうひとつピンとこない。
具体的な行動では、外に向かって世のため人のためになる「利他行」をすることだ。
もう一つは内に向かってどうするかである。
「嘘をつかない」で公明正大であることだ。
心が後ろめたいと心の気力が衰え不安や恐怖心が湧くのである。

無想国師が「人は長生きせんと思えば、嘘を言うべからず。
嘘は心を使かいて、少しの事にも心を労せり。
人は心気だに労せざれば、命長きこと疑うべからず」

将に仕事や人生に求められる姿勢は利他行と公明正大である。
社会は人間が人工的に作ったものだから作ったときが100点で、
使えば老朽化するから手入れがいる。
これを努力と言う。

だから、できたときの100%だった製品やサービスを持続させる努力がいる。
自然法則に従うとすべてものは朽ちる定めだ。
現実と真摯に向き合い誰にも負けない努力するのが今であり、結果末来は開けるのである。

皆さんはに如何に未来開かれてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-