未来を開く今どう行動するか

投稿日:2016年9月3日 更新日:

末来は今にしかないというのは誰しもわかっていることだ。
ロングフェローは「いたずらに過去を悔やむことなかれ、
甘き末来に望みをかけるな。
生きよ、励めよ、この現代に」
禅でも「今・ここ・自己」に徹せよと言う。

徹する方法が知りたいのが凡人の私である。

仏教では慈悲と知恵を説くがもうひとつピンとこない。
具体的な行動では、外に向かって世のため人のためになる「利他行」をすることだ。
もう一つは内に向かってどうするかである。
「嘘をつかない」で公明正大であることだ。
心が後ろめたいと心の気力が衰え不安や恐怖心が湧くのである。

無想国師が「人は長生きせんと思えば、嘘を言うべからず。
嘘は心を使かいて、少しの事にも心を労せり。
人は心気だに労せざれば、命長きこと疑うべからず」

将に仕事や人生に求められる姿勢は利他行と公明正大である。
社会は人間が人工的に作ったものだから作ったときが100点で、
使えば老朽化するから手入れがいる。
これを努力と言う。

だから、できたときの100%だった製品やサービスを持続させる努力がいる。
自然法則に従うとすべてものは朽ちる定めだ。
現実と真摯に向き合い誰にも負けない努力するのが今であり、結果末来は開けるのである。

皆さんはに如何に未来開かれてますか?

no image

2020/05/30

学ぶことが生きること

「習・破・離」こんな言葉を見つけた。習は今まで守と思っていたが、この習の方がしっくりくる。 何事も誰かに習わなければなら ...

no image

2020/05/30

「論語」に学ぶ孔子の生い立ちと人となり

生い立ちというのがかなり後々の人間形成に影響する。 論語の中で「我は生まれながらにしてこれを知るものにあらず」とあるよう ...

no image

2020/05/25

プリズンドックプロジェクト

アメリカの18歳から25才の殺人や殺人未遂の重犯罪者の再犯防止のプログラムだ。 再犯率は40%あり、更生者を増やすのが目 ...

no image

2020/05/19

一円に人は納まる

二宮金次郎(尊徳)は小田原藩の武士にまでなる人物になるのは、 薪を担いで本を読む石像が小学校にある。本は「大学」を読んで ...

no image

2020/05/18

「疫病」は人間の意識を変える力がある。

祇園祭と言えば夏の京都の三大祭りの一つであるが、これは869年インフルエンザが流行し、 それは御霊のせいだということで御 ...

-生き方
-