ムヒカ元大統領の言葉に感動

投稿日:2016年4月10日 更新日:

メキシコの南のウルグアイの大統領は元ゲリラで革命家10数年の投獄生活をも経験、
拷問も受けた人物だ。
彼は「憎しみでは何も生まれない」と獄中で悟ったそうだ。

拷問した人を恨んだり憎しみは持ちません。
彼は「幸せになるのは文化の力でしかなれない」と言い切る。

「人が動くと文化になる」
「人間は一人で生きれない」

こんな質問があった。
「後悔した事ないですか?」

屈託なくムヒカ元大統領は「いつも後悔してます。」「生きてさまざま学んでます」
そして「私は後ろを見て生きない、勇気と末来を見て肯定的に人生を生きて、
過去を見て恐怖や不安に、今を否定しては生きません」

「生きることは間違いを犯すことです」
「失望しないこと希望を持つこと」
「消費文明は人生の時間を消費することに時間を使う。
経済的に窒息してるんですよ(物欲に引っ張られて)若者は」
「クレバーに節度を持って生きる(少欲知足)」
「富を持つと恐怖を持つ、政治は金の富を持ちたい人がやってはいけない」
「経済は不足しているものを提供するが、
今の生活では冷蔵庫もいるし電化製品がなければ生活できない。
若者に多くを求めすぎるから苦しくて息が詰ってる」

55年前の小学校のころ電話のあるところが限られていて、
近所のおうちから取り次いでくれ、テレビはお金持ちのところで見せてもらっていた。
主要な駅に街頭テレビもあった。

私たちの時代は電化製品の進化と共に冷蔵庫やクーラーを少しづつ買うのが働く目標でもあった。
ところが現代は電化製品がそろわないと生活が出来ない生活環境になってしまっている。
(お金が懸かるということだ)

また、子供が遊ぶおもちゃも今のようになかったので、
竹や木の実で遊び道具から作って遊んでいた。
消費する前に道具を作る時代だった。

生産と消費が分離してしまった世の中になっている現代、
モノのない時代に逆戻りするということでは出来ない。

今こそ本当の幸福と、時間の使い方を真剣に考える時期がきてる。

皆さんはムヒカさんの言葉どう感じますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-